セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 特殊詐欺の統計に「電子マネー型」が登場


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

特殊詐欺の統計に「電子マネー型」が登場

 警察庁から、2016年の特殊詐欺の統計が発表されました。特殊詐欺全体で1万4151件となり、前年比2.4%増でした。これで6年連続の増加となっています。
 被害額は406億2900万円と前年比で15.7%と減少しました。手口別にみると、近年増加が続いていたオレオレ詐欺が4年ぶりに減少に転じました。架空請求詐欺、融資保証金詐欺も減少していますが、還付金等詐欺だけは大幅に増加し、前年比54.9%増となっています。

 一件当たりの被害額を見ると、振り込め詐欺の分類では、オレオレ詐欺は326万円、架空請求詐欺は446万円、融資保証金詐欺は165万円、還付金等詐欺は117万円となっています。
 さらに、振り込め詐欺以外の特殊詐欺の分類では、金融商品等取引名目の特殊詐欺が761万円、ギャンブル必勝法情報提供名目の特殊詐欺が398万円、異性との交際あっせん名目の特殊詐欺が512万円となっており、振り込め詐欺以外の特殊詐欺の一件当たりの被害額が高額となっています。

 さらに、被害者からどのようにしてお金を受け取ったかを示す、被害金交付形態をみると、今回から「電子マネー型」が新しく加わってきました。図に、半期ごとの件数を示しましたが、昨年下半期の多さが目立っています。コンビニなどで購入することができるプリペイドカードを悪用したものですが、昨年までは「現金送付型」の分類に計上されてきました。しかし、あまりにも件数が増えてきたために、「電子マネー型」として別統計でカウントするようになったようです。このように、統計を見ると、新しい手口が続々と出てきていることがわかります。

【参考情報】
データから読む「SNSを介したオレオレ詐欺の登場!?」

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰


特殊詐欺の被害金交付形態「電子マネー型」の件数の推移(警察庁)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ