セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 悪いヤツは正体を分からなくして侵入する


月曜コラム 安心豆知識

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

月曜コラム 安心豆知識

悪いヤツは正体を分からなくして侵入する

 前回に引き続き、今回も電子メールに関連する内容です。最近、電子メールに添付されて送りつけられる悪意のソフト(マルウェア)が、パスワードで暗号化、圧縮された形式になってきています。すなわち、メールの本文や別のメールで送られるパスワードを入力して元に戻さないと、圧縮されたファイルの中身が何か分からない形式になっているということです。それではなぜ、中身が分からないようにしているのでしょうか。

 今どきの情報システムは、何らかの形でセキュリティ対策が行われているのが普通になっています。マルウェアは、ネットワークやコンピューターの入口などで、悪さを始める前の段階で発見され、取り押さえられてしまうことが多くなっているということです。

 マルウェアは、まずは、これらの関所をかいくぐり、ターゲットにたどりつかないとコトを始めることすらできません。そこで使われ始めたのが「パスワードをかけて暗号化された形式」です。暗号化されたマルウェアは、暗号化されているがゆえに、マルウェア対策で引っ掛けることが難しいのです。そのため、通り道に仕掛けられたさまざまな対策をかいくぐって、目的のパソコンにたどり着き、それを使うユーザーにパスワードを教えて、自分を元の姿に戻すことを要求してきます。そしてユーザーが、その行為を行うと・・・、という筋書きです。

 今どきのマルウェアは、ネットバンキングの情報を狙ってきたり、パソコンのファイルを暗号化して身代金を要求してきたりします。金銭を狙ってきているということです。電子メール添付の形で送られてくる暗号化され、圧縮されたファイル(情報)には十分に気をつけるようにしてください。

【関連情報 pick up!
データから読む 標的型メールの添付ファイルのほとんどは圧縮ファイル
安心豆知識 ソフトウェアが身代金を要求する
安心豆知識 「情報と化したお金」に注意

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
甘利康文

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • あなたの「?」をセコムするキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ