セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 「東京マラソン2017」でセコムがマラソン大会では日本初のセキュリティサービスを提供


金曜コラム セコムニュース

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

金曜コラム セコムニュース

「東京マラソン2017」でセコムがマラソン大会では日本初のセキュリティサービスを提供

 2月26日(日)に新コースで開催する「東京マラソン2017」において、一般財団法人東京マラソン財団による警備体制強化策で、セコムのセキュリティサービスが導入されることになりました。その中でも、以下のセキュリティサービスについては、マラソン大会およびスポーツ競技大会では日本で初めて導入されることになります。

 東京マラソン財団では、2013年4月、米国ボストンマラソンの爆破テロ事件以来、不測の事態に備えた警備対策を実施してきましたが、2014大会で実施した警備救護プロジェクトをベースにして、「SAFE&SECURE」と称し、誰もが安心して参加できる『世界一安全・安心なマラソン大会』を目指した運営に努めています。

 セコムは、「東京マラソン2016」では、係留型「セコム飛行船」、「セコム・ドローン検知システム」、「ナンバーカード顔認証システム」、「常駐警備」、「ウェアラブルカメラ」「仮設監視カメラシステム」「スマートホン案内・誘導アプリ」を提供し、「安全・安心」な大会運営の実現に努めました。

 今回の「東京マラソン2017」では新コースにおける警備体制の強化策の中で、新たなセキュリティサービスの提供を行います。

セキュリティリストバンドによる参加資格認証(セキュリティQRコード付き)
 
大会に先立ち開催される「東京マラソンEXPO 2017」(2月23日〜25日)のナンバーカード受け渡し時に、取り外し不可の「セキュリティリストバンド」を3万6,000人の全ランナーに装着して、大会当日のスタート入場ゲートにおいて本人確認を実施します。国内最大規模のマラソン大会において、日本で初めての導入となります。

セキュリティリストバンドイメージ

安全・安心確認システム(セコム安否確認サービス)
「東京マラソン2017」において、3万6,000人の全ランナー、運営スタッフ、ボランティアリーダーなどを対象とした災害・事件等の発生時における安全・安心確認システムにより、速やかな安否確認を行います。今回のサービス提供にあたって、現在、約6,100社、約550万人に利用されている国内最大規模の「セコム安否確認サービス」が導入されます。スポーツ競技大会でこれだけの人数に同サービスが導入されるのは日本では初めてのこととなります。

 セコムは、上記2つのセキュリティサービスとともに各種セキュリティサービスも合わせて提供することで、「東京マラソン2017」の安全・安心な運営に努めます。
 セコムは東京マラソン2017を応援しています。

セコム株式会社
コーポレート広報部

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ