セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 刑法犯はピーク時に比べ3分の1になったが


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

刑法犯はピーク時に比べ3分の1になったが

 先日発表になった警察庁の統計によると、2016年11月までの刑法犯件数は91万8,212件となっています。このペースでいくと、年間刑法犯件数は100万件を切ることとなりそうです。2002年の285万件と比べると、おおよそ3分の1に減ったことになります。
 また、同じく11月までの住宅侵入盗の件数は3万6,017件となり、2016年通期では4万件下回ることとなりそうです。住宅侵入盗のピークは2003年の19万件でしたが、それと比べると5分の1程度に減ったことになります。

 そのほかの犯罪についても、2002年前後のピーク時との件数比較を行ってみると、ひったくりは15分の1、すりは7分の1、自転車盗は2分の1、自動車盗は5分の1などとなっています。多くの犯罪で件数の減少がみられ、治安は良くなっているはずなのです。
 一方で、検挙率を見ると、刑法犯の場合、この11月までで34.2%となっており、3件に2件が未解決ということになります。一方、住宅侵入盗は59.3%なので、5件に2件が未解決となります。このように、解決していない犯罪が存在するということを示されると、不安な感じがします。

 犯罪の発生をゼロにすることは非常に難しいことです。しかし、ゼロに近づけたり、万が一の場合にすぐに対応したりすることで、不安は小さくなるはずです。例えば、ご自宅の防犯でいえば、侵入されないような対策を行うことで、被害に遭う確率を下げることができます。年末年始に外出する機会も増えると思いますが、施錠励行をしていただき、犯罪発生の確率をできる限り下げるようにしていただきたいと思います。

【参考情報】
窓ガラスを破らせない対策「SECOMあんしんフィルム」(防犯フィルム)
万が一の侵入に早急な対応「セコム・ホームセキュリティ」
万が一の侵入でも盗まれない対策「ホーム・ピタゴラス」(防盗金庫)

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰


犯罪件数の減少割合
(警察庁統計より作成、刑法犯とひったくりは2002年、住宅侵入盗と自動車盗は2003年、すりは2001年との比較)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ