セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 詐欺の中でも増加が著しいのは特殊詐欺


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

詐欺の中でも増加が著しいのは特殊詐欺

 多くの犯罪が減少する中で、詐欺などの知能犯は2012年あたりから増加傾向にあります。さらに、その詐欺の中でも、いまや社会問題と化している振り込め詐欺を含む特殊詐欺は、増加が目立っています。
 2016年9月までの被害総額は263億8,700万円となっており、前年同期に比べ18%減少していますが、以前として高額な被害であることに変わりはありません。既遂1件当たりの被害額は300万円を超えています。

 図は、詐欺と特殊詐欺の毎月の認知件数を示したものです。図中青いラインの詐欺は2011年頃まで減少傾向でしたが、その後増加し2015年以降はふたたび減少しています。
一方、赤いラインの特殊詐欺については2011年頃までは横ばいでしたが、その後増加し、こちらも2015年以降は減少しています。
 さらに、詐欺に占める特殊詐欺の割合を見たものが、緑の棒グラフになります。ここでは、特殊詐欺は詐欺に含まれるものとして割合を計算しています。これをみると、2009年頃は15〜20%ほどでしたが、最近は35〜40%と明らかに増えています。

 詐欺には、無銭飲食や無賃乗車などの無銭詐欺、モノの販売を口実にお金を騙し取る売付詐欺、保険金を騙し取る保険金詐欺など、いくつかあります。しかし、最近は特殊詐欺が、詐欺の中でも幅を利かせるようになっています。騙されないためには、犯人に出会わないことが最も効果的です。電話をかけてくるケースが多い振り込め詐欺については、留守番電話の活用を検討してみてください。

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰



詐欺と特殊詐欺の認知件数、詐欺に占める特殊詐欺の割合
(警察庁のデータをもとに作成、全て5カ月移動平均)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ