女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

あんしんコラム

まずは身近にできる対策から。「働く女性の安全委員会」のメンバーが対策をご紹介します。

第278回 お花見を安全に楽しむ3カ条

こんにちは。段々と暖かくなり、春の訪れを感じる気候になりました。今年の桜は平年より早く咲くところが多いそうで、今週末にかけて関東から西の地域では、多くの開花が見込まれています。
最近は桜を眺められるレストランや、桜を使ったスイーツがあるカフェなど、楽しみ方もさまざま。今年は計画的に!と4月にお花見ができるレストランを予約したので、ちょうど満開になるようにと願っている今日このごろです。

2019.3.20更新

桜が満開になる時期、人気のお花見スポットは混雑することも。トラブルに巻き込まれないように、「防犯女子」として気を付けたいポイントを事前に確認しておきましょう。

お花見を安全に楽しむ3カ条

① 手荷物をしっかり管理

画像

人が多く込み合う場所では、スリやひったくりの被害にあわないように、荷物は必要最小限にして、なるべく口が閉まるタイプのバッグを前に抱えるように持ちましょう。座って観賞するときも手荷物をしっかり管理して、置き引き被害にあわないようにすることが大切。警戒していることを周囲にアピールできる「防犯ブザー」も忘れずにバッグに付けましょう。

② SNSへの投稿は時間をあけてから

きれいな桜やお友達と楽しんでいる写真をSNSに投稿したい気持ちもありますが、タイムリーな投稿は、家を空けていることや現在地を知らせてしまうことに。空き巣やストーカーの被害にあわないためにも、時間をあけてから投稿し、公開範囲を親しいお友達に限定するなど今一度設定を確認しましょう。また、お友達の写真を載せるときは、一声かけて許可をとっておくのがマナーです。

③ 気を引き締めて周囲に気を配る

楽しいお花見はついつい気分が高揚してしまいがちですが、安全に楽しむためにも周囲に気を配ることが大切です。お花見エリアに到着したら、万一の時に助けを求められる交番や誘導の係員の方の位置を確認しておきましょう。また、人気(ひとけ)がない場所は、もしものときに助けを求められないことも。夜桜を楽しむ際は、明るい場所を選ぶと安心です。

帰宅が夜になる場合は明るく人通りのある道を選ぶなど、いつもの「防犯女子」としての意識を忘れずに、今年のお花見も楽しい思い出になるようにしましょう!

注目コラム pick up !