セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 「ムンク展‐共鳴する魂の叫び」にセコムが協賛


金曜コラム セコムニュース

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

金曜コラム セコムニュース

「ムンク展‐共鳴する魂の叫び」にセコムが協賛

 10月27日(土)から2019年1月20日(日)まで東京・上野にある東京都美術館で「ムンク展‐共鳴する魂の叫び」が開催され、セコムが協賛します。
 ノルウェーを代表する西洋近代絵画の巨匠、エドヴァルド・ムンク。これまで日本では1970年の神奈川県立近代美術館ほか、1997年の世田谷美術館、2007〜2008年の国立西洋美術館ほかなど、数回にわたり回顧展が開催されてきましたが、今回は一味違います。
 ノルウェーの首都オスロにあるオスロ市立ムンク美術館所蔵で代表作の《叫び》(1910年?)が待望の初来日を果たします。そのほか、油彩の《自画像》(1882)、《絶望》(1894)、《星月夜》(1922-24)などを含む約100点を一堂に公開する回顧展となります。
 愛や欲望、嫉妬、孤独など人間の内面が強烈なまでに表現された代表作の数々から、ノルウェーの自然を描いた美しい風景画、明るい色に彩られた晩年の作品に至るまで、約60年にわたるムンクの画業を振り返る、この「ムンク展」。
 ご家族、お友達とお誘いあわせの上、ぜひご観覧ください。



エドヴァルド・ムンク≪叫び≫1910年? テンペラ・油彩、厚紙
オスロ市立ムンク美術館蔵 c・Munchmuseet

会 場:東京都美術館(東京・上野)
観覧料:当日券 | 一般 1,600円 / 大学生・専門学校生 1,300円
           /高校生 800円 / 65歳以上 1,000円

※前売券は各200円引きとなります。
※詳細は特設WEBサイトでご確認ください。 https://munch2018.jp

セコム株式会社
コーポレート広報部

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ