セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > セキュリティ対策が逆に作用するのがアレルギー


月曜コラム 安心豆知識

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

月曜コラム 安心豆知識

セキュリティ対策が逆に作用するのがアレルギー

 2月も下旬に入り、そろそろくしゃみや鼻水、目の掻痒(そうよう)感などに悩まされる人が多くなってくる頃かと思います。本日2月20日は「アレルギーの日」。その由来は花粉症とは関係なく、1966年2月20日に日本人の研究者が花粉症の研究からアレルギーの大本となる原因について発表したことにあるそうです。

 アレルギーは、体内に入った異物に対抗する機能であるはずの「免疫」が、逆に体に不具合を引き起こして発生する症状の総称です。花粉症の他、アトピー性皮膚炎、アレルギー性鼻炎、気管支喘息、食物アレルギーなどが代表的な症例としてあげられます。

「セキュリティ」とは、どのような状況下においても「ある組織のオペレーションが、あらかじめ定めたプラン通りに回り、理由によらずそれが妨げられないこと」です。セキュリティ対策によって、最終的に守らなければならない対象は、どのような場合であっても、そこで回っている「オペレーション」です。その意味で、体のオペレーションを守る免疫というセキュリティのための対策が、逆にそれを妨げてしまうアレルギーは、体のセキュリティにおける一大事なのです。

 オペレーションを守るためのセキュリティ対策が、逆にその障害になってしまう例は、アレルギーという病気に限りません。個人情報保護法の施行時にしばしば見られた世の中の過剰反応は、その一例です。情報セキュリティ対策が、働く人々の活動の自由を必要以上に制限し、その組織のオペレーションが円滑に回らなくなるのもそうだといえるでしょう。

 どのような組織、どのような場合においても、「その組織のオペレーションがスムーズに回る状態を維持する」ことがセキュリティであり、そのための手段がセキュリティ対策です。セキュリティ対策がその組織のオペレーションの妨げになるのは、その組織において「アレルギー」という病気が発症している状態であり、好ましいことではありません。

「セキュリティ対策」にはさまざまな形態、方策がありますが、どのような形であっても、想定される脅威に対してなんらかの「セキュリティ対策」を講じる際には、常にこのことを頭に置いておく必要があるのではないかと思います。

【関連情報 pick up!
安心豆知識 健康とセキュリティの関係

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
甘利康文

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • あんしん介護のススメ
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ