セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 知能犯だけが増加した2016年上半期の犯罪情勢


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

知能犯だけが増加した2016年上半期の犯罪情勢

 警察庁がまとめた犯罪統計資料によると、2016年上半期の刑法犯認知件数は、前年同期比9.3%減少し48万8900件となっています。10年前の2006年上半期のほぼ半分となっています。
 犯罪別にみると、殺人や強盗を含む凶悪犯が10.1%の減少、暴行や傷害を含む粗暴犯が3.6%の減少、侵入盗を含む窃盗犯が10.0%の減少、詐欺や偽造を含む知能犯が5.1%の増加、わいせつを含む風俗犯が6.0%の減少となっています。
 強制わいせつや公然わいせつは、一昨年まで増加基調でしたが、昨年と今年は前年比減に変化してきています。

 唯一、増加となった知能犯をさらに詳しく見ると、詐欺が3.3%の増加、横領が3.2%の増加、偽造に至っては36.2%の増加となっています。
 偽造の中で特に目立つのが支払用カード偽造です。なんと前年比367.7%の増加となっています。昨年までは、年によって多少の増減はあるものの、ほぼ減少傾向でしたが、今年に入ってから増加が激しくなっています。
 記憶に新しいところでは、今年5月に全国のコンビニATMを中心に同時多発的に引き出された18億円ほどの被害です。海外の銀行の発行するクレジットカードを偽造したものでした。

 知能犯は、2010年頃までは、他の犯罪と同様に減少していましたが、その後は横ばいから増加へと変わってきています。オレオレ詐欺に代表される特殊詐欺も被害総額こそ減少していますが、件数としては依然として増加しています。
 また、インターネットを介した詐欺行為も多く見られます。いまや、現実世界での犯行から、人を騙して金銭を奪い取る犯行に変わってきていることを知っておいていただきたいと思います。

【参考情報】
データから読む「窃盗と詐欺の被害額が拮抗」
データから読む「コンビニ支払いを悪用した架空請求詐欺が登場」

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰


犯罪別の増加率(2015年上半期と2016年上半期の比較)(警察庁)


知能犯の件数推移(各年1〜6月、警察庁)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ