セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 12月は泥棒が多いというのは本当?


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

12月は泥棒が多いというのは本当?

 今年のカレンダーも、最後の1枚となりました。年が押し迫ると、何かとあわただしくなってきます。今週月曜日の本コラムでもありましたが、年末は泥棒が暗躍する季節とされています。師も走るように、泥棒も走るのでしょうか。近年の傾向をデータから見てみましょう。

月別で住宅侵入盗が多いのは10月
 以前の水曜コラム「10月は泥棒の多い季節」で書きましたが、1年のうちで最も泥棒が多いのは10月です。ここでいう泥棒は、住宅を狙う住宅侵入盗としています。いわゆる、空き巣、忍び込み、居空きの3つを足したものです。この時の計算は、月単位で行いました。その結果、多い順に10月、3月、5月、11月、1月でした。今回は、それぞれの月の一日当たりの泥棒の件数で見てみましょう。日数の少ない2月と31日まである月の不公平を取り除いてみました。

12月の住宅侵入盗は7月に次いで少ない
 2004年から2012年までの月別犯罪統計を用いて計算してみると、右の図のようになりました。最も多かったのは11月の291件、次いで10月の286件、3月の284件という順番でした。年末年始は何番目となったのでしょうか。12月は11番目の270件、1月は6番目の279件でした。予想していた以上に12月の泥棒が少ないことに驚きます。
 10月が多いのは、別の側面からも見て取れます。「空き巣」というキーワードが新聞に掲載される回数を調べてみました。全国の主要地方紙11紙を先の9年分調査したところ、1月を100としたときに10月は131とダントツとなっています。2番目に多かったのが1月、3番目が4月の87という結果でした。

留守中の不安を減らすために
 一般的には年末年始は防犯に注意するようにいわれています。確かに、帰省などで自宅を留守にする機会は増えます。他の時期に比べて留守にする日数が長いのかもしれません。そのため、ご自身の目で確認ができない時間が長くなればなるほど、不安感は大きくなりそうです。少しでも不安を減らすためにも、出かける前の施錠はしっかりと行っていただきたいと思います。

【関連情報 pick up!
安心豆知識「暦とセキュリティ 歳末防犯活動のルーツとは」
データから読む「10月は泥棒の多い季節」
留守はセコムにお任せください「セコムホームセキュリティ」

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰

月別の1日当たり住宅侵入盗(2004〜2012年の警察庁統計から作成)

月別の1日当たり住宅侵入盗
(2004〜2012年の警察庁統計から作成)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ