セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 2013年上半期の空き巣件数が前年比21件の増加に


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

2013年上半期の空き巣件数が前年比21件の増加に

 先日、今年1〜6月の犯罪統計が警察庁から発表されました。刑法犯の認知件数は、62万3841件で、上半期の件数としては、11年連続の減少となりました。多くの犯罪が減少する中で、増えてきた犯罪もあります。粗暴犯の中の傷害や脅迫、知能犯の中の詐欺や横領、風俗犯の中のわいせつ、これらは昨年あたりから増加に転じています。また、皆さんがお住まいの住宅を狙った泥棒も、状況が変わってきました。

住宅侵入盗の増減率は辛うじてマイナス側に
 住宅侵入盗の認知件数は、1〜6月で2万8413件となり、最も多かった2003年の件数と比べ、3分の1以下になっています。右の図は、上半期の件数を用いて、前年比の増減率の推移を示したものです。0%より上が増加、下が減少を表しています。2005年には前年比20%以上の減少率となっていましたが、その後は10%前後で推移してきました。ところが、今年の減少率は0.074%で、減り方に下げ止まりの傾向が見られます。

減少が続いていた空き巣がわずかに増加に転じた
 住宅侵入盗には、空き巣、忍込み、居空きの分類があります。昨年の上半期と比較すると、忍込みと居空きは減少しています。忍込みは1.4%の減少、居空きは5.0%の減少です。一方、空き巣は増加となりました。増加分は21件で、率にして0.7%と大きくはありませんが、この10年で唯一の増加となっています。

防犯意識を高めて、犯罪増加にストップを
 これまでの治安対策が功を奏し、犯罪件数は減少を続けてきました。警察官の増員、防犯建物部品の普及が寄与した部分は少なくないと思われます。しかし、住民の皆さんの防犯意識が向上したことが、何よりも効いたと思われます。今回の住宅侵入盗の増減率では、辛うじて右図の0%のラインの下側となりましたが、このトレンドのまま推移すると、プラス側に行ってしまわないとも限りません。もう一度、防犯対策を見直していただき、防犯に対する意識をさらに高めていただきたいと思います。

(関連記事)
データから読む「住宅を狙う泥棒の3割が在宅時」
セコム防犯・防災用語集

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
濱田宏彰

住宅侵入盗の前年比の推移(警察庁のデータをもとに作成)

住宅侵入盗の前年比の推移
(警察庁の統計をもとに作成)



月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ