セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 2010年上半期の犯罪の状況


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

2010年上半期の犯罪の状況

  先日、今年の上半期の犯罪統計が警察庁から発表されました。犯罪の数は、ここ数年減少が続いていますが、今年上半期の刑法犯でも減少しているとのことです。犯罪の種類ごとに見てみると、ほとんどのもので減少しており、日本はこのまま安心な国になっていくのでしょうか。

 警察庁の1〜6月の犯罪統計資料によると、刑法犯は76万7142件で、昨年同期比で8.4%減少しました。建物の中に入り込んで盗みを働く侵入盗は6万8654件で、8.7%減少しました。中でも、商店などを狙う出店荒らしは11.3%の減少となったほか、事務所荒らしは21.3%の減少、住宅侵入盗は9%の減少などとなっています。一方、建物の中に入ることのない非侵入盗は30万5619件で、7%減少しました。昨年の今ごろのこのコラムでは、ひったくりが増加したことを書きましたが、今回は減少しています。ひったくりは7436件で、昨年同期比で27%減少しました。また、スリも12.1%の減少、自動車の室内を荒らす車上狙いも16.5%減少しました。

 このように、ほとんどの犯罪が減少しています。一部、増加しているものもありますが、微増に留まっています。ここ数年、刑法犯全体の減少は続いていましたが、何かしら大きく増加しているものがありました。強盗が増えたり、暴行が増えたり、詐欺が増えたりしました。しかし、今年は大きく増えているところを見つけるのが難しいのです。

 最近の失業率の高止まりと同様に、犯罪者の"失業"も多いのでしょうか。もしそうだとしても、"休職中"の犯罪者がいつ復帰しないとも限りません。「攻撃側」が少ないうちに「守備側」の準備を怠りなく進めておきたいものです。

セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
濱田宏彰

刑法犯の認知件数推移(各年上半期)(警察庁) 刑法犯の認知件数推移(上半期)
(警察庁)

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ