セコム新卒採用サイト

信頼される安心を、社会へ。SECOM
  1. セコム新卒採用サイト
  2. 働き方を知る
  3. 社員インタビュー.05

自分の子どもたちが
笑って過ごせる
社会を創りたい

小泉 英之
2010年入社
慶應義塾大学 商学部
特品部

セコムに入社を決めた理由を教えてください

就職活動の初期は、ゲーム業界を志望していました。学生時代よりゲームが好きで、ゲームには人を笑顔にする力があると思っていたからです。しかし、気心の知れた友人とであればゲーム抜きでも楽しい時間が過ごせる。そう気づいてからは、そんな「人を笑顔にする環境」を創り出せるような仕事をしたいと考えるようになりました。

セコムに興味を持ったのは、その可能性と発展性に心を惹かれたからです。常に社会の先を読んで、「いま困っていること」だけでなく「これから困るであろうこと」「必要とされるであろうこと」を考え、実現していく会社だと、強く感銘を受けました。超高齢社会が進んでいく中、ここでなら自分の子どもが笑って過ごせる社会を創っていけると確信し、入社を決めました。

現在の仕事内容を教えてください

超高齢社会に向けた新サービスの開発や、既存サービスをベースにした新しいソリューションの考案に携わっています。1つ例を挙げると、2013年に販売を開始した「セコム・マイドクタープラス」。高齢者向けの見守りサービスは世に多くありますが、「24時間・365日、全国に人的サービスを提供できる」というセコムならではの強みを活かしたサービスになっています。

自らの手がけたサービスが、人命救助につながった経験もあります。かつて「AEDスキルアップサービス」という、AEDの使用方法について講習会を行うというサービスを企画・開発したことがありました。当時はまだ経験も浅く、色々な方に助けられながらもサービスインすることができたのですが、その数か月後に、講習を受けた方が実際にAEDを利用して倒れた人の命を救ったという連絡がありました。その時には、この仕事をやっていて本当に良かったと思いましたね。

仕事を通じて、どのようなことを学びましたか?

何よりも「仲間の重要性」を学びました。セコムグループには多種多様な業種があり、業界に縛られないサービスの提供が可能です。法務、経理、管理、営業、業務など様々な部門にプロフェッショナルが揃っているので、1人で全てをこなそうとするのではなく、また全部を他人に任せるのでもなく、その道のプロが互いに協力することで、よりよいサービスを作ることができます。自分がやるべきことと専門家に依頼することをしっかりと把握し、マネジメントしていくことは、この組織でしかできない経験だと思っています。

ここには、新しいことに挑戦したいと思った時に、それを実行に移す武器が揃っています。毎日が新しい発見、新しい勉強の連続なので退屈することもないし、人間としての成長を感じています。自分の創造力にハードルを設けず、新しいことにチャレンジできるのが、最大の魅力です。

就職活動中の学生さんへ、
メッセージやアドバイスをお願いします

就職活動を通じて、自分の思うようにいかないことは数えきれないほど出てくると思います。しかし、それは社会に出てからも同じこと。困難に直面した時にも前を向いて、一歩を踏み出すことができるか。これが挫折と成長を分けるのだと思います。私も、営業に転向して慣れない仕事に苦しんでいる時に、尊敬する上司から「愚直に、謙虚に、アグレッシブに!」というアドバイスをもらい、その後も仕事で壁に当たるたび、この言葉を思い出して乗り越えてきました。

社会人としてのファーストキャリアは、その後の人生を大きく左右します。気を緩めず、妥協することなく、就職活動を最後までやり抜いてください。やり切ったうえで入社した会社であれば、常に前を向いて、全力で成長していけると思います。愚直に、謙虚に、アグレッシブに、頑張ってください!

関連コンテンツ

TOP