セコム新卒採用サイト

信頼される安心を、社会へ。SECOM
  1. セコム新卒採用サイト
  2. 働き方を知る
  3. 社員インタビュー.04

人の役に立っていることが
実感できる、
幸せな仕事です

宮崎 憲子
2013年入社
東京理科大学 理学部
神奈川本部 ホームマーケット営業部

セコムに入社を決めた理由を教えてください

もともと、数学の知識を活かして人々の役に立ちたいという思いから、大学院で防災の研究をしていました。「人の役に立つ何か」を仕事にしたかったので、セキュリティ会社の最大手であるセコムに、自然と興味を持ちました。

警備だけでなく、防災や医療、保険などさまざまな分野に目を向けていて、人々が生活するうえで必要な幅広いシーンで安全と安心を提供している点に惹かれ、また想像以上に多様な活躍のフィールドが用意されていることにも魅力を感じ、入社を決意しました。

現在の仕事内容を教えてください

セコムの代表的なサービスである、個人宅向け「ホームセキュリティ」のアドバイザー(営業)をしています。建物の構造や立地などの生活環境、ご家族の生活スタイルなどによって、最適な防犯プランは変わってきます。お客様に合わせて、家の内外からトータルで安全と安心を提供できるよう、防犯カメラや防犯ガラス、金庫や消火器なども含めたオーダーメイドのプランを作成しています。

安心して生活していただくために、防犯面だけではなく火災保険やがん保険、またご高齢のお客様には救急サービスなどをご案内することもあります。多方面からお役に立てる存在であることを意識して、日々奮闘しています。

仕事のどんなところにやりがいを感じますか?

安全で快適な暮らしのお手伝いができること、それ自体に大きなやりがいを感じています。なかでも、お客様から直接感謝の言葉をいただいた瞬間は、とてもうれしいですね。また、防犯だけでなく多彩な商品やサービスの提案をするので、日々の勉強を通じて様々な知識が身につき、提案の幅が増えていくことにもやりがいを感じています。

さまざまなお客様と接するので気を遣うことも多いですが、非常に勉強にもなります。「営業が来た!」と警戒されないように、常に相手の立場から考えた提案を心掛けています。その結果、私個人を信頼してセコムを導入していただけた際には、身が引き締まるような思いになるんです。

今でも忘れられない、印象的なエピソードはありますか?

初めてご契約をいただいたときのことです。その頃は日々、「興味ない」「うちには不要」などと言われながら営業をしていました。そんなとき、担当エリア内にある見通しの悪い高台の物件が気になって訪問したのです。

はじめ、お客様はあまり興味を示さなかったのですが、ご心配な点が多い立地であることをお伝えし、セコムなら解消できるとお話しました。その後も訪問を続けるうち徐々に興味を持っていただけるようになり、4ヶ月後に契約が成立。時間はかかりましたが、契約後に「セコムに入ってよかった。もっと早く入ればよかった」というお言葉をいただき、人に安心感を与えることができる喜びを実感することができました。

今後の目標を教えてください

アドバイザーは、多くのお客様が初めて出会うセコム社員。当社の第一印象を決定する重要な立場なので、セコムの顔として、当社のよさを伝えられるよう精いっぱい努めていきたいです。また、営業として多くのお客様に会う機会があり、様々なお声を聞いているので、その経験を活かして、より良い商品作りに貢献できるような仕事もしたいと考えています。

女性の多い職場でもあり、産休や育休などの制度もしっかり整っているので、私も長く働いていきたいと思っています。まだまだ世の中に知られていない強みや良さにあふれた会社なので、多くの方々により深く当社のことを知っていただきたいですね。

関連コンテンツ

TOP