セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 針供養と製品安全


月曜コラム 安心豆知識

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

月曜コラム 安心豆知識

針供養と製品安全

 本日2月8日は「事八日(ことようか)」の日、関東では「針供養」が行われる日です。長いこと使って使えなくなった「針」を、それまでの労に感謝しながら神社などに奉納する行事が行われます。

 古来、日本では、長く使った生活用品などの道具には、精霊が宿って「付喪神(つくもがみ)」と呼ばれる特別な存在になると信じられていました。そのため、ものは大切に使い、使えなくなった後でも、決して乱暴にうち捨ててはいけないと考えられていたのです。

 折れたりさびたりして使えなくなった針も、長く使ったことで特別な存在となっていることから、これまでの労に感謝しつつ神々の世界にお帰りいただく儀式である針供養が行われるようになったものと思います。

 針供養が今も行われていることからも分かるように、身の回りにあるいろいろなものに「なにものか」が宿るという考え方は、現在も残っており、それが日本人の「ものを大切に使う」という姿勢につながっています。

 一方、「もの」はどんなに大切に扱ったとしても、時間経過や使用頻度とともに劣化していきます。特に、電気やガスなどのエネルギーを扱う器具では、この劣化が事故につながる可能性が大きいことから「古いものを使い続けること」に対する注意喚起がなされています。

 これからの「針供養」の日は、「針」に限らず、長く使った機器などについても、これまでの働きに感謝しつつも、新たな機器として「生まれ変わる日(リサイクルの日)」にしても良いのかもしれません。

【関連情報 pick up!
安心豆知識「モノの壊れ方とトラブルを抑えるための方法」
安心豆知識「産業界の製品安全への取り組みと消費者としての注意点」

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
甘利康文

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ