セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 寒い時節に起きやすい着衣による事故


月曜コラム 安心豆知識

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

月曜コラム 安心豆知識

寒い時節に起きやすい着衣による事故

 寒い日が続いていますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか。先日、通勤途中で、長いマフラーをなびかせながらバイクに乗っている女性を見かけました。冬の防寒ファッションである長いマフラーは、バイクなどの露出した乗り物に乗る際には、自分が乗っているバイクや、その他の車両などに巻き込まれるリスクが大きいため、非常に危ないと言えます。寒いこの季節、長いマフラーで装う際には、巻き込まれリスクが大きい衣服であることに注意し、リスクが多少なりともある状況では、一時的に外すなどすることが重要です。

 他にも、今の時分にリスクが高まる衣服が関係した事故に、着衣着火があります。寒いこの時期、多くの衣服が、防寒のために毛羽立っていたり、たるみを持ったりしています。内部に空気を保つことで暖かさを逃がさないようにするための工夫である、衣服の毛羽立ちや、たるみは、非常に燃えやすい状況でもあることに注意しなければなりません。火を使った調理を行う際やストーブの近くでは、これらの衣服を脱ぐなどして、十分に気をつけるようにしてください。

 先日、子ども服の「ひも」による事故を未然防止する観点から、子ども服の日本工業規格(JIS)規格「子ども用衣料の安全性−子ども用衣料に附属するひもの要求事項」が制定されました。服が遊具やエスカレーターなどに巻き込まれる事故を防ぐ目的で、子ども服にひも状の構造を持たせないようにする規格です。

 私たちは、日々の生活のうえで起こる事故のうち、ある一定の割合を、衣服に起因する事故が占めていることを覚えておく必要があります。日々の生活で不慮の事故による悲劇を防ぐために、着ているものにも十分な注意が必要なのです。

【関連情報 pick up!
安心豆知識「火災の要件と着衣着火」
子ども用衣料(ひもの安全基準)のJISを制定公示します(経済産業省)[PDF]

セコムIS研究所
リスクマネジメントグループ
甘利康文

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ