セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 超高齢社会を迎えた、「日本人の不安に関する意識調査」を実施
「最近不安を感じる」70.4%、老後や健康への不安依然高く


金曜コラム セコムニュース

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

金曜コラム セコムニュース

超高齢社会を迎えた、「日本人の不安に関する意識調査」を実施
「最近不安を感じる」70.4%、老後や健康への不安依然高く

 セコムは、9月1日防災の日を前に、8月14〜16日、20代から60歳以上の男女(各年代男性50名、女性50名の計500名)を対象に、「日本人の不安に関する意識調査」を実施しました。
 本調査は、高齢化や核家族化などの社会構造、凶悪犯罪の増加や多様化といった世相、ゲリラ豪雨や地震など災害多発化を背景に、日本人がどのようなことに不安を抱き、対策を行っているのかを調査すべく、2012年から開始し本年で3回目となります。

 内閣府の平成26年版高齢社会白書によると、すでに日本は、4人に1人以上が65歳以上人口となる超高齢社会を迎えています。そうした背景もあり、本調査では特に老後や健康への不安意識が浮き彫りとなりました。

 最近不安を感じている割合は、調査開始以来最も低くなったものの依然として70%を超えており、中でも、「老後の生活や年金」、「健康」、「高齢」への不安は変わらず高い結果となっています。
 また、本年新たに追加した「認知症」に関する質問では、自分の認知症を5割以上の方々、家族の認知症を約6割の方々が不安視している実態がわかりました。そして、自分または家族が認知症になったら老人ホームへ入居する(させる)と、約5割の方々が回答しており、自宅介護よりも高く、認知症の人の今後の老人ホーム需要増加が予想される結果となりました。

 一方、これまでと同様に、今後の治安悪化や災害増加を懸念する声が多いにもかかわらず、対策を講じる割合が少ない実態も見られました。昨今の事件や事故、災害の増加に対する危機意識と行動が、依然として繋がっていないようです。

 セコムではこうした結果を受け、サービスの拡充はもちろん、今後もホームページ、ブログ、ツイッター、フェイスブックなどで、高齢者に対する有益な情報提供、防犯・防災に対するさまざまな啓発活動を行うことで、ご家庭や社会の意識を高めていただけるよう努めてまいります。


■「日本人の不安に関する意識調査」

―実施概要―
・期間 :2014年8月14日〜8月16日

・対象 :全国男女500名
     (20-29歳、30-39歳、40-49歳、50-59歳、60歳以上/男女各50名)

・方法 :インターネットによるアンケート回答方式

「日本人の不安に関する意識調査」結果 - 昨年より8%ダウンも、依然7割以上が「最近不安を感じている」と回答

「日本人の不安に関する意識調査」結果(全体はこちら
昨年より8%ダウンも、依然7割以上が「最近不安を感じている」と回答

【関連情報 pick up!
 ・【報道資料】超高齢社会を迎えた、「日本人の不安に関する意識調査」を実施
-「最近不安を感じる」70.4%、特に老後や健康が不安



セコム株式会社
コーポレート広報部

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ