セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 預貯金窓口でお金を下ろした後は注意


月曜コラム 安心豆知識

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

月曜コラム 安心豆知識

預貯金窓口でお金を下ろした後は注意

「銀行の帰り道にひったくりにやられた」「お金を下ろした後自宅に泥棒に入られた」などのようなニュースを耳にすることがあります。このようなニュースを耳にして「なんて運が悪い人だ」と思われた方は要注意。この手の事件は起こるべくして起こっていることが多いため、無頓着にやり過ごしてしまっては、自らもその被害者になりかねません。

 もうお分かりかと思いますが、これらの犯罪を起こした犯人は、最初から金融機関に何気ない顔で潜み、大金を下ろす人を張っていたのです。最近の金融機関のCD/ATMは、犯罪防止の観点から一日に引き出すことのできる金額が限られています。従って、ある程度まとまったお金が必要な場合、預貯金の窓口に並んでそこで下ろさざるを得ないのです。

 これが犯罪者の目にどう映るかということです。銀行のロビーで、順番を待っている人のような顔をして、窓口に目を光らせ、そこでお金を受け取っている人を見つけたら、何気ない顔をして後をつける。これだけで確実に、ある程度のまとまったお金を持っている人を見つけることができます。窓口でお金を下ろした人が、人気のないところを通るチャンスがあれば、その瞬間を見計らって「ひったくり」をすれば、無作為にひったくりを行う場合に比べて、はるかに大金を入手できます。

 このことを頭におき、銀行の預貯金窓口でお金を引き出さざるを得ない場合、まわりに不審な人物がいないかどうかに十分注意する必要があります。また、お金を下ろした後もタクシーを使う、人通りの多い道を通るなどの工夫により、そのお金をひったくられるリスクを下げる努力をしてください。それに加え、後をつけられていないかという観点でまわりに気を配ることも必要になってくるかと思います。

「少しでも手間をかけずにできるだけ多くの成果を上げたい」という経済合理性で意志決定を行う犯罪者にとって、金融機関の預貯金窓口でお金を受け取っている人は、格好のターゲットとなってしまいます。預貯金窓口でお金を下ろした後は、いかに用心しても用心し過ぎるということはないということについてお分かりいただけたのではないかと思います。

(参考)
防犯対策すると逆に狙われる? 泥棒は趣味にあらず

セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
甘利 康文

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ