マンションセキュリティとホームセキュリティの違い|ホームセキュリティのセコム

防犯対策・セキュリティのセコムトップ > 個人のお客さま > ホームセキュリティ > マンションセキュリティとホームセキュリティの違い

マンションセキュリティとホームセキュリティの違いついてご紹介しております。
セコムが提供する「セコム・ホームセキュリティ」は、お客さまの住居タイプや家族構成に合わせたホームセキュリティをご提案いたします。
業界No.1の「セコム・ホームセキュリティ」が、お客さまの生活を24時間365日監視し、安全・安心をご提供いたします。

マンションセキュリティとホームセキュリティの違い

ウチのマンションにはセキュリティシステムが入っているからと安心していませんか?ホームセキュリティの導入でもっと安心な暮らしを実現できることご存知ですか?マンションのセキュリティシステムも多様ですが、一般的なシステムは、下記のような内容です。

一般的なマンションセキュリティの内容

  • ● マンションの玄関がオートロックになっている。
  • ● 管理人が日勤または常駐している。
  • ● エレベーターなど共用部の要所に監視カメラが設置されている。
  • ● 各住戸のインターホン親器に警備会社につながる非常ボタンがついている。

もちろん上記の内容は、防犯の面から見ても大切なことばかりです。ただし、オートロックが万全でないことは周知の事実である上、住戸部分に限っていうと、防犯対策は非常ボタンのみというのが一般的です。だから、マンションセキュリティが入っていてもホームセキュリティの導入を検討される方が少なくないのです。

ホームセキュリティを導入すれば

ホームセキュリティを導入すれば、以下のような防犯機能の強化ができます。

  • Point 1

    空き巣など、留守の時の異常に対してもセコムが迅速、適切に対処します。(非常ボタンが効果を発揮するのは、ご家族が家にいて、更に異常に気づいた場合に限られます)

  • Point 2

    バルコニーに面した窓や玄関など泥棒の侵入経路になりうる開口部に防犯センサーを設置することで、異常の早期発見や泥棒へのブザーによる威嚇が可能となります。

  • Point 3

    室内にも防犯センサー(空間センサーなど)を設置することで、開口部のセンサーと合わせ更に高い防犯が実現できます。

  • Point 4

    携帯型の非常ボタンもあり、就寝時に枕元に置くなど、より実用的な使い方で安全度を高められます。

セコムでは、マンション専用タイプのホームセキュリティもご用意しています。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。

マンションセキュリティとホームセキュリティの違い トップ へ


防犯対策・セキュリティのセコムトップ > 個人のお客さま > ホームセキュリティ > マンションセキュリティとホームセキュリティの違い

マンションセキュリティとホームセキュリティの違い トップ へ

セコムが提供するサービス、「セコム・ホームセキュリティ」。
お客さまの様々な状況に合わせて最適なホームセキュリティのプランをご提案いたします。
防犯・防災なら「セコム・ホームセキュリティ」が24時間365日監視し、お客さまの安全を見守ります。防犯カメラ(監視カメラ)などの防犯対策商品や防犯グッズの設置などもセコムにご相談ください。

防犯対策・セキュリティのセコム トップ