セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 玄関を狙った泥棒のうち75%が労せず侵入した


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

玄関を狙った泥棒のうち75%が労せず侵入した

 いよいよ今年も大詰めとなりました。すでに、お休みに入っている方もいらっしゃるかと思います。新しい年の準備は整いましたでしょうか。帰省や初詣、初売りの買いものなど、外出する機会も多いと思います。そんなとき、ご自宅の施錠を忘れずにお願いします。

 住宅侵入盗の多くは、ガラスの一部を割って侵入する傾向があります。しっかりと家じゅうの施錠をしてあったために、比較的、人目に付きにくいところにある窓ガラスを破って侵入したのだと思われます。

  ところが、施錠をしなかったり、忘れたりすると、泥棒はガラスを破るという面倒な"仕事"をせずに侵入することができます。そんな住宅が泥棒に見つかってしまったら、入られてしまう可能性が非常に高くなります。

 2010年の上半期のデータを見ると、無施錠箇所からの侵入したケースは、戸建てで40.2%、集合住宅で34.4%です。ガラスを割って侵入したケースに次いで多い手口となっています。これらはすべての侵入手口を合算したものですが、玄関だけに侵入箇所を限定すると、右の図のようになります。

 戸建ての場合は、玄関を狙った泥棒のうち4人に3人(75.1%)が労せずして侵入していることになります。集合住宅では、半分くらい(51.7%)の泥棒がドアノブを回したら入れたことになります。次いで、玄関からの侵入で多いのが合鍵を使った侵入です。戸建てで7.8%、集合住宅で23.3%が合鍵で入られています。

 どのように合鍵を入手したのかは、はっきりとわかりませんが、以前に住んでいた人が使っていた鍵が流出した可能性も否定できません。また、間違っても、庭先の植木鉢の下に合鍵を隠すようなことはしないでください。

 玄関からの侵入は、統計的に見ると、窓からの侵入に比べて少ないことは確かです。玄関よりも窓の方が、戸建てで4倍、集合住宅で2倍も狙われています。しかしながら、無施錠状態の玄関を見つけられてしまったら、やはりそこから入られてしまいます。お出かけになるときは、玄関も含めてすべての家の中の施錠を再確認してください。そして、楽しいお正月をお過ごしください。

 
セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
濱田宏彰

 
玄関から侵入の住宅侵入盗の手口
(警視庁2010上半期)
月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ