セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 津波警報で避難した人は1割以下


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

津波警報で避難した人は1割以下

 先日、およそ半世紀ぶりに地球の裏側からの大きな津波が観測されました。太平洋沿岸のすべての地域で津波警報が発令されましたので、影響を受けた方も多かったのではないでしょうか。今回のように太平洋沿岸の全地域に注意報や警報が発令されるのはまれで、遠隔地での大きな地震の時に限られます。昨年のサモア島の近くで大きな地震があった時にも、太平洋沿岸全地域に注意報が発令されました。

 前回のサモア島の時には、目に見えるほどの津波はなく、10cm程度のものが検潮所で観測されたくらいでした。この時の記憶が残っているためかどうかわかりませんが、今回のチリ地震による津波警報が発令されたにも関わらず、避難所に向かった方は10%に満たなかったようです。高台に避難した方を足し合わせればもう少し多かったのかもしれません。

 1960年のチリ地震は、世界的にも最大級の地震で、800kmほどの長さの断層の崩れがあったといわれています。日本でいえば、東海・東南海・南海地震が一度に起きても、まだ足りないくらいの長さです。しかし、今回のチリ地震では、その半分くらいの長さではないかという専門家のコメントが発表されています。津波の大きさは、この崩れの長さに比例する関係にあるといわれており、ハワイでの観測をみても、50年前の大きさとは異なったようです。

 このように、あとから分析をすればいくらでも説明がつきますが、いざ津波が向かってきているときに、このような詳細分析は難しいと思われます。気象庁は「予想過大だった」とコメントしていますが、人命にかかわることなので過小評価するよりは、良かったのではないでしょうか。 太平洋沿岸の鉄道や高速道路、一般道路などは大事をとって、運行停止もしくは通行止めにする措置を取りました。運行を続けていたら、大きな人的被害が出ていたかもしれないので。そう考えれば、今回の措置は大げさではなかったと思うのです。

 それにしても、避難勧告もしくは避難指示が出ているにもかかわらず、それに従わなかった人が多かったことは、今後の防災を考える上で十分に検討すべきことかと思われます。津波は、通常の波浪とは異なり、高さが数十pでも流されてしまうケースも考えられます。避難した人が1割にも満たなかったことをみると、隣近所の人々が避難していない状況を見ていたのだと思います。

 人は、ものごとをいい方に考えようとする「正常化バイアス」を持っています。「みんなが避難しないなら大丈夫だろう」という判断をした方々が多かったとすれば考えものです。リスクマネジメントでは、最悪の事態を想定することを行います。結果的に大丈夫だったとしても、もしかしたら落命していたかもしれないことを、もう一度考え直してみてください。

●セコムでは、厳選された防災用品&非常食セットをお取り扱いしています。
セコム・スーパーレスキュー

ほかほか非常食セット

セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
濱田宏彰

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ