セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 不正解錠「カム送り解錠」の対策


月曜コラム 安心豆知識

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

月曜コラム 安心豆知識

不正解錠「カム送り解錠」の対策

 前回、不正解錠には大きく分けて「ピッキング」「カム送り解錠」「サムターン回し」の3つの種類があることに触れましたが、今回はこれら不正解錠の手口のうち、「カム送り解錠」について考えてみます。

「カム送り解錠」とは、ドアの外側で、鍵穴のある出っ張った部分をつまんで引くことでできる隙間に、特殊な道具を挿入して、錠内部の機構部を操作することで解錠する手口です。錠に差し込まれた鍵が正規のものかどうかを判断する部分(シリンダー)をバイパスして、機構部を操作することから「バイパス解錠」とも呼ばれます。

 前回お話しした「ピッキング」と呼ばれる手口は、錠の中で門番に相当するシリンダーを、特殊な工具を用いてだますことで、正規の鍵がなくても、シリンダーに正規の鍵が挿入されたと認識させて、解錠してしまう手法です。シリンダーには工具を用いた傷跡が残ります。一方、「カム送り解錠」は、門番であるシリンダーをとばして、錠の機構部を直接操作する手口であることから、シリンダー部に工具による痕跡が残りません。そのため、「カム送り解錠」は、被害を受けても、後からはその手口が分かりにくく、「施錠忘れ」や「合鍵」によるものだと判断されやすいという特徴を持っています。

「カム送り解錠」に対して弱いカギの型番は、警察庁から公表されていますので、気になった方は、ご自宅のドアを確認してみてください。カギのメーカー・型番は、ドアの縁の、かんぬきが出入りする部分のプレート部(アーマープレート)に刻印されています。

「カム送り解錠」への簡便な対策としては、ドアの外側から錠本体への侵入を許す、鍵穴のある出っ張った部分をつまんで引っぱるとできる隙間を、ホームセンターなどで市販されているスペーサーで埋めてしまう方法があります。しかしながら、外から後付ではめたものを外すことは、決して不可能ではないため、この方法は、恒久的な対策と考えない方が無難です。

「カム送り解錠」に対する根本的な対策は、錠そのものに「カム送り解錠」の対策をするよう専門家に依頼することです。錠の機構部に存在する脆弱性を解消することで、本質的にカム送りという不正解錠を不可能にしてくれます。また、本錠に加え、カム送りを含む不正解錠に強い補助錠を設置するのも一案です。
カギは、さまざまな財産を守るもっとも基本的セキュリティ対策です。ぜひ今すぐご自宅のドアを確認してみてください。

セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
甘利 康文

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ