セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 2年で6倍に増えたAEDの活用


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

2年で6倍に増えたAEDの活用

 日本では長い間、AEDを使用できるのは医師や救命救急士などに限られていました。アメリカでは、1990年代から航空機への搭載が始まっていましたが、日本では2001年から航空機の客室乗務員に対して使用が許可され、その後、その有効性および安全性が確認され、2004年7月からは一般の人でも扱うことができるようになりました。今では、駅や空港、ホテルなどの商業施設、さらには学校などでも設置されるようになっています。

 消防庁によると、一般市民がAEDを使用して応急手当したケースは、2005年に比べ2007年は6.2倍に増えていると発表されました。それだけ、AEDの存在が認知されたと同時に、その重要性が広く伝わった結果かと思われます。また、心肺機能停止になった人に対しAEDを使用した場合の1ヵ月後の生存率は42.5%で、AEDを使用しなかった場合の4.4倍になっています。1ヵ月後の社会復帰率に至っては、AEDを使用しなかった場合の6.3倍となっています。セコムでも2004年9月から、「セコムAEDパッケージサービス」を提供していますが、すでに150人以上の救命事例があります。このデータを見ると、AEDの有効性の高さに改めて驚かされます。

 AEDは自動体外式除細動器の英文の頭文字を取ったもので、患者の胸部に2枚の電極を貼り付ければ、機械が自動的に除細動、いわゆる電気ショックが必要かどうかを判断し、必要であればその動作をするというものです。逆にいうと、正常な人に誤って電気ショックを与えてしまうことはありません。音声ガイダンスがありますので、誰でも使うことができると思いますが、いざというときにあわてないためにも、普通救命講習を受講されることをおすすめします。

「セコムAEDパッケージサービス」


セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
濱田 宏彰

グラフ:一般市民によるAED使用件数

一般市民によるAED使用件数





グラフ:一般市民がAEDを使用した場合の生存率と社会復帰率

一般市民がAEDを使用した場合の生存率と社会復帰率

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ