セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

独自の視点の安全コラム 月水金フラッシュニュース

SECOM 信頼される安心を、社会へ

世の中の「安全・安心」に関わるテーマを取り上げ、情報を発信。セコム独自の視点で展開する安全情報コラム

ホーム > ホームセキュリティ > 月水金フラッシュニュース > 月水金フラッシュニュース・バックナンバー > 住宅火災原因の5番目はろうそく


水曜コラム データから読む

セキュリティ・防犯コラム「月水金フラッシュニュース」TOP

水曜コラム データから読む

住宅火災原因の5番目はろうそく

 先日、東京・世田谷で起こった火災で4人の方が亡くなりましたが、火元はなんと仏壇だったようです。仏壇をお持ちの方も多いと思われますが、日常的にろうそくに火を灯すために、火の扱いがぞんざいになりがちです。

 東京消防庁の調べによると、2007年中に都内で発生した住宅火災で、ろうそくが原因のものは第5位となっています。件数は49件で、原因の第1位であるこんろ火災の610件から比べると少ないかもしれませんが、ろうそくの火という小さな火が、大切な家を消失させることもあるのです。以前お話を伺った消防士の方によると、仏壇などの灯明の火の他に、最近流行っているアロマテラピーのための火による火災も少なくないとのことです。

 わが家でも仏壇に火を灯しますが、線香に火をつけ終わったらろうそくの火はすぐに消すようにしています。また、最近では数分で消えるミニろうそくなども出回っていますので、そのようなろうそくを利用されるのも火災予防に少しは効果があるのかもしれません。また、今回のケースでは午前5時過ぎに起こった火災ということで、亡くなられた方はまだ就寝中だったようです。前出の東京消防庁によると、住宅火災での死者の多数が就寝中という結果があります。つまり、火災の発見の遅れが命を落とす最大の要因となっているのです。

 この発見の遅れを解消するために有効なものとして、住宅用火災警報器があります。アメリカでは、1970年代に住宅への火災警報器の設置義務化などが始まり、現在では9割以上の普及率になっています。これにより、死者数は1970年代の6000人程度から、最近では3000人を下回るという大きな効果を挙げています。日本ではこれにならって、2006年の消防法の改正により、住宅用火災警報器の設置義務化がスタートしました。

 自治体によって期限は異なりますが、最終的に2011年までに設置するように決められています。しかしながら、義務化期限を待つことなく、なるべく早めに各ご家庭で火災警報器を設置していただき、万が一の際に、火災に気がつくのが遅れたということにならないようにしていただきたいと思います。今回の世田谷のケースではこれを設置していなかったという記事も見受けられ、もしも設置していればと悔やまれてなりません。

住宅用火災警報器「ホーム火災センサー」はこちら

セコムIS研究所
セキュリティコンサルティンググループ
濱田 宏彰

グラフ:住宅火災の出火原因の割合

住宅火災の出火原因の割合

月水金フラッシュニュース バックナンバー

バックナンバー記事一覧

月水金フラッシュニュース バックナンバー一覧


  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 女性のためのあんしんライフnavi
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • あんしん介護のススメ
  • セコム防犯ブログ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOM TV」

関連サービスのご案内

  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV


月水金フラッシュニュース・バックナンバー TOPへ