セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

防犯対策・セキュリティのセコムトップ > ホームセキュリティ > 安全・安心ポータル > セコム防犯・防災用語集
安全・安心ポータルトップへ

セコム防犯・防災用語集

非常通報ボタン (ひじょうつうほう)

押すだけでコントロールセンターに非常信号を送信できるボタンのこと。
非常通報ボタンは、ホームセキュリティやコンビニエンスストア、ファーストフードなどのお店のオンライン・セキュリティシステムなどに標準装備されています。強盗に押し入られたり、身の危険を感じた時など、とっさの場合に「非常事態である」ことをコントロールセンターに知らせることができます。犯人を逆上させないよいうに、ボタンを押しても音はしません。携帯型の非常通報ボタンもあるので、ホームセキュリティの場合は、就寝時に枕元に置くと、より安心できます。

ライフ監視 (かんし)

室内の人の動きをセンサーで確認し、一定の時間動きが確認できない場合に異常と判断する機能こと。
ライフ監視機能は、ひとり暮らしのお年寄りを始めとする方々に、セコムのホームセキュリティのサービスのひとつとして提供されています。その仕組みは、お年寄りの生活動線、たとえばトイレに行くのに必ず通る場所などをセンサーが監視し、一定の時間動きが確認できない場合に異常と判断して、自動的に異常信号をコントロールセンターに送ります。
異常信号を受信したコントロールセンターは、状況に応じて緊急対処員を急行させたり、確認のうえ消防へ通報します。ライフ監視機能を利用すれば、ひとり暮らしのお年寄りになにかあった場合でも、セコムが見守っているので、安心です。

緊急通報ボタン (きんきゅうつうほう)

緊急事態を知らせるボタンのこと。
警視庁では、地域の人々が安全安心して暮らせるまちづくりの一環として、事件や事故が発生した時に、緊急通報ボタンを押すと、警察官と通話ができる子ども緊急通話装置を、道路や公園に整備しています。この装置は、緊急通報ボタンを押すと同時に、赤色灯が点灯してブザーが鳴り、まわりに緊急事態が発生したことを知らせます。そして、警察署のモニターに緊急通報ボタンを押した人とまわりの映像が映し出され、インターホンで警察官と話をすることができます。警察官は、必要に応じて現場へ急行するなどして、事件や事故の処理にあたります。

救急通報ボタン (きゅうきゅうつうほう)

救急事態を知らせるボタンのこと。
ホームセキュリティは、救急通報の機能も備えています。たとえば、急病やケガなどの時に、救急通報ボタンを押すと、救急信号をセキュリティ会社に送ります。その信号を見て、コントロールセンターは、ただちに緊急対処員にお客さまのところへ急行するように指示し、必要に応じて消防などへも通報します。
セコムのホームセキュリティの救急通報ボタン (マイドクター) は、防水機能もあり、ペンダント型になっているので、家の中では常に首からかけておけば、何かあった時すぐに救急信号を送ることができます。

ページの先頭へ
防犯対策・セキュリティのセコムトップ > ホームセキュリティ > 安全・安心ポータル > セコム防犯・防災用語集

ホームセキュリティや防犯、警備のことならセコムにご相談ください。
お客さまのニーズに応えるため、家族構成や住居タイプに応じたホームセキュリティのプランを多数ご用意しております。
また、監視カメラや防犯ガラスなど、各種サービス・防犯対策商品をご提供しております。

セキュリティのセコム -防犯・警備を徹底サポート-

Secured by SECOM
SSLサーバ証明書