女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

「自分の身は自分で守る!」今、働く女性が備えるべきこととは?

~防犯・防災のプロに聞く最新対策法~

  1. ホーム
  2. 「自分の身は自分で守る!」今、働く女性が備えるべきこととは?
  3. 女性が不安な夜道の一人歩き、その対策とは?

「自分の身は自分で守る!」今、働く女性が備えるべきこととは?-防犯・防災のプロに聞く最新対策法-

  • 今こそ検証!震災時に取るべき行動と備えるもの
  • 働く女性の防犯対策“決定版”!

女性が不安な夜道の一人歩き、その対策とは?

原元 外での犯罪では「ひったくり・スリ」「帰り道が暗い、物騒だ」といった点に、働く女性は不安を感じているようです。また、暗い道を歩く時には「できるだけ明るいところ」や「大通り」を通ること、「カバンなどの荷物は車道側と反対側に持つ」ことに気をつけている人が多いですね。

アンケート Q. 暗い道を歩く時に気をつけていることはなんですか。当てはまるものを全てお答えください。

齋藤 働く女性はどうしても、仕事が遅くなれば一人で夜道を歩くことも多くなるでしょうから、十分な注意が必要です。

原元 実は私も夜道で後ろから襲われそうになったことがあります。恐怖のあまり声は出ませんでしたが、相手と目が合ったら逃げて行きました。それからというもの、夜道を歩く時には必ず後ろを頻繁に振り返り、周囲の人と極力目を合わせるようにしています。

齋藤 夜道では、警戒心を積極的にアピールすることがとても重要です。顔を見られると、不審者はひるみますので目を合わせることも有効ですね。ただ、相手に立ち向かう行為はかえって相手を逆上させるケースもあります。スキを見つけて逃げた方がよいでしょう。

寺本 私たち委員会メンバーは、防犯ブザーをバッグの目立つ場所につけるようにしています。それだけでも、かなりの犯罪抑止効果が期待できます。アンケート結果では、防犯ブザーを持ち歩いている人が3.9%しかいらっしゃらなかったのは残念です。せっかくいろいろ気をつけているのですから、意識をもう一歩高めてツールを活用することも検討していただきたいですね。当社では「ココセコム」というという携帯できる屋外用緊急通報システムを提供しています。万が一の際はGPSで位置情報を確認して、要請に応じてセコムが駆けつける体制になっており、お客様からも好評です。

原元 素晴らしいサービスですね。価格も月額で945円(税込)からとお手頃ですので、私も検討したいです。

齋藤 「携帯電話で通話や操作をしながら歩かない」ようにしている人が19%と少ないのも心配です。携帯電話や音楽は怖さを紛らわすことはできても、実際の防犯には役に立たないどころか、注意が散漫になり、警戒意識を希薄にしてしまいます。特にひったくりは、計画性なく、目についたスキのある人を狙う傾向にありますので、十分に気をつけてください。

原元 うちの近所でもひったくりが多発していますので、自治体から犯罪情報が送られるメールサービスに登録したところ、犯人の特徴や手口を具体的に教えてくれるので参考になっています。

齋藤 そうした情報を得るだけでも、防犯意識は高まりますよね。セコムのホームページでも、地域ごとに情報が配信されているのをまとめたリンク集を公開しています。また、私たち委員会が、女性のみなさん向けに、毎週水曜日にコラムを書いたり、Twitterでつぶやいたりしています。女性に限らず、セキュリティ・防犯など安全・安心に関するニュースは毎日、公開していますので、こういったものをぜひ参考にしてみてください。たとえば、普段からお財布の中に入れるキャッシュカードやクレジットカード等は必要最低限のものだけにするとか、万が一に備えて大切なカードの紛失時に迅速な対応ができるようカード会社の連絡先、カード番号を事前に控えておくことも大切ですね。

原元 以前、置き引きにあって鍵を盗まれた際、すぐに鍵を替えたので、夜中に犯人と思われる人が現れた際も事なきを得ました。被害直後の早急な対応の重要性を痛感しました。

ひったくりの被害は約9割が女性!
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
  • おとなの安心倶楽部
  • 子どもの安全ブログ
  • 月水金フラッシュニュース
  • 暮らしのあんしん百科
  • 美味食材
  • セコム防犯ブログ 暮らしの安全・安心はセコムにおまかせ
  • セコムメールマガジン配信
  • facebook「セコムタウン」
  • twitterでフォローしてください
  • YouTube セコム公式チャンネル「SECOMTV」