女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

フリーキャスター石田芳恵さんと学ぶ
女性の備えとして必要なこと防犯・防災・情報セキュリティ対策

フリーキャスター石田芳恵さんと学ぶ女性の備えとして必要なこと防犯・防災・情報セキュリティ対策

防災編
防犯編
アンケート結果をもっと見る

情報セキュリティ編

PC・スマホ時代の情報セキュリティ対策を

一歩先のリスクを見据えてSNSと付き合う

石田 スマートフォンが急速に普及し、フェイスブックやツイッターなど、SNSを楽しむ人が増えましたね。しかし、その楽しいはずのSNSがストーカー事件を引き起こすケースもあると聞きます。こうしたサービスを利用する際は、常に危険と隣り合わせにあるということを忘れてはいけませんね。

寺本 SNS上に自分が発信する際、“楽しい”“便利”だけではなく、その影に潜むリスクについて、一度立ち止まって考える必要があります。情報の公開範囲の管理はもちろんですが、住所や通学・勤務先、そして個人や生活習慣について特定できる情報は極力出さないことが重要です。それともう一つ、最近では“なりすまし”なども増えてきていますし、相手が誰かはっきりしない人と安易に会話をしないことも大切です。

Q : インターネットでのセキュリティについて対策をしていますか? あてはまるものをすべてお答え下さい。

齋藤 カメラ機能で写真を撮影するときはGPS機能をオフにすることも大切です。GPSをオンにして撮影した画像はSNSで公開すると、データに記録された位置情報から、撮影場所を特定され、ストーカーや空き巣被害につながる可能性も考えられます。自動的に“位置情報”を有効にするよう設定されている場合があるので、みなさん、いま一度、スマートフォンの設定を見直して欲しいです。

石田 友人と今一緒にいることをSNSで公開すると、ひょっとするとその友人を、ストーカーや空き巣の被害者にしてしまう可能性もありますよね。

福島 そうですね。また、友人を巻き込むケースでは、自分のスマートフォンやパソコンがウィルスに感染し、友人の情報を流出させてしまう場合もあります。つまり無意識のうちに犯罪に加担してしまうということ。情報セキュリティの対策は、自分と同時に、友人も守れると考えていただきたいです。

齋藤 ネット上に公開された情報を完全に削除するのはほぼ不可能です。少し大げさかもしれませんが、「本当にこれを全世界に公開していいのか」、一度冷静に考えてから発信する習慣をつけましょう。

石田 パソコンやスマートフォンのウィルス対策を万全にする、SNSで過度に情報を発信しない、この二つをかならず実行します。楽しくて便利なものだからこそ、一歩先のリスクを考えながら上手につきあっていきたいですね。

セコム働く女性の安全員会とは 女性が被害者となる犯罪の凶悪化を背景に、2007年にセコムの女性社員6名によってスタートした「働く女性の安全委員会」。セキュリティのプロとしての視点と、女性ならではの視点の両方から、女性に役立つ防犯・防災対策について啓発している。現在、女性向け防犯本の執筆や、防犯・防災の総合情報サイト「女性のためのあんしんライフnavi」の運営、防犯セミナーの開催を通じて、積極的に情報発信を続けている。 女性のためのあんしんライフnavi
  • 女性を見守る「持ち歩けるセキュリティ専用端末」ココセコム
  • ほんとうの「安心」は、ここにあります セコム・ホームセキュリティ
  • 災害時への備え、防災用品の決定版 セコム・スーパーレスキュー
  • お客さまの声から生まれた、「温かくて」「おいしい」非常食セット ほかほか非常食セット
  • 防犯・防災グッズの活用が効果的! セキュリティのプロ・セコムが厳選したご自宅で使えるさまざまな防犯・防災グッズを紹介しております