女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

フリーキャスター石田芳恵さんと学ぶ
女性の備えとして必要なこと防犯・防災・情報セキュリティ対策

フリーキャスター石田芳恵さんと学ぶ女性の備えとして必要なこと防犯・防災・情報セキュリティ対策

防犯編
情報セキュリティ編
アンケート結果をもっと見る

防災編

オフィスにもかならず防災用品の準備を!

石田 アンケートを見て驚いたのですが、持ち出し袋がどこにあるかを聞いたところ、自宅が65.5%であるのに対し、勤務先はたった4.7%なのですね。

齋藤 多くの人が一日のうち9時間以上会社にいることを考えると、もっと増えて欲しいところです。みなさん、会社が準備しているだろうと、安心しているのかもしれませんね。 東京都では企業が社員の安全確保のために、水・食糧・防災用品を備蓄するよう「東京都帰宅困難者対策条例」を施行していますが、会社だけに頼るのではなく、ご自身でも備えることが大切です。

Q : 非常持ち出し袋はどこにありますか。あてはまるものをすべてお答えください。

石田 会社の非常用の準備はあくまで基本的な内容でしょうから、個人的にも備えておくと二重に安心ですよね。それにオフィスのどこに置いてあるのかが分からないのでは、意味がありません。社内で確認しておく必要がありそうですね。

福島 私は会社から貸与されている非常持ち出し袋にプラスして、デスクの下につねにスニーカーを置いています。女性はヒールのある靴をはく機会が多いので、スニーカーは一足用意しておくといいと思います。できればヘルメットも人数分、会社で備えていただきたいですね。いまは折り畳み式のヘルメットもあり、スペースをとらないのでおすすめです。

石田 あとこれは実体験から感じたことなのですが、やっぱり非常食は味も重要だなと。東日本大震災当日、会社に備えてあった非常食から五目御飯をいただいたのですが、その温かさとおいしさにすごく気持ちが救われました。

寺本 震災を経験された方からの「被災時にも温かいものが食べたい」という声を受け、最近では温かい非常食のバリエーションも増えてきました。

福島 非常食って進化しているんですよ。セコムでも、火を使わない代りに、発熱剤を使い非常食を温められる非常食セット「ほかほか非常食セット」を用意しています。

石田 ぜひ後ほど試食させていただきます。会社でも、持ち出し袋の点検をしながら、みんなで一度、非常食を食べてみるのもいいかもしれませんね。会社の防災について話し合うきっかけになりそうです。

セコム働く女性の安全員会とは 女性が被害者となる犯罪の凶悪化を背景に、2007年にセコムの女性社員6名によってスタートした「働く女性の安全委員会」。セキュリティのプロとしての視点と、女性ならではの視点の両方から、女性に役立つ防犯・防災対策について啓発している。現在、女性向け防犯本の執筆や、防犯・防災の総合情報サイト「女性のためのあんしんライフnavi」の運営、防犯セミナーの開催を通じて、積極的に情報発信を続けている。 女性のためのあんしんライフnavi
  • 女性を見守る「持ち歩けるセキュリティ専用端末」ココセコム
  • ほんとうの「安心」は、ここにあります セコム・ホームセキュリティ
  • 災害時への備え、防災用品の決定版 セコム・スーパーレスキュー
  • お客さまの声から生まれた、「温かくて」「おいしい」非常食セット ほかほか非常食セット