女性の防犯情報サイト-女性のためのあんしんライフnavi女性の防犯対策情報サイト - 防犯対策から防災対策まで女性の「安全・安心」総合情報 - 
byセコム「働く女性の安全委員会」

あんしんコラム

まずは身近にできる対策から。「働く女性の安全委員会」のメンバーが対策をご紹介します。

  1. 防犯対策・セキュリティのセコム TOP
  2. ホームセキュリティ
  3. あんしんライフnavi
  4. あんしんコラム
  5. > 第86回 朝日新聞デジタルと「ジョブラボ」とのタイアップ記事公開中!

第86回 朝日新聞デジタルと「ジョブラボ」とのタイアップ記事公開中!

こんにちは。今日はホワイトデー。水曜日はノー残業デーを設定している会社もあり、さらに今日は、仕事終わりにお出かけという人が多いのか、女性陣は、いつもよりちょっとおしゃれしている人が多い気がします。思い過ごしでしょうか?ただ、バレンタインデーに比べると、今日は、あまり華やかな感じがしないのがちょっと残念。

2012.3.14更新

 昨年も行った朝日新聞デジタルさんと働く女性を応援するキャリア×ライフスタイルサイト「ジョブラボ」さんと「セコム働く女性の安全委員会」のタイアップ企画。今年は、「自分の身は自分で守る!今、働く女性が備えるべきこととは?」と題し、被災地取材を数多く行った経験を持つフリーアナウンサーの原元美紀さんと、ジョブラボが行った働く女性の防災・防犯意識アンケート結果を見ながら対談させていただきました。

第1部:今こそ検証!震災時に取るべき行動と備えるもの

第1部:今こそ検証!震災時に取るべき行動と備えるもの

 第1部では、防災についての対策をお届けしています。地震が発生したときにとった行動で多かったのが、パソコンや棚などの「モノを押さえた」というアンケート結果でした。皆さんの中でも「実は私も・・・」という方、いらっしゃるのではないでしょうか?
 まずは自分の身を守ることが最優先。もし、皆さんの中にもモノを優先された方がいらっしゃれば、それは間違った行動!正しい行動をぜひチェックしてくださいね!

 また、震災時に役立つグッズの話から、日ごろ持ち歩きたい防災グッズに話題が及ぶと、原元さんが自らバッグからポーチを取り出し、中身をすべてテーブルの上に出して、「これはLEDライトとホイッスルが一体になったもの、ウェットティッシュ、コンタクトレンズ・・・これで足りていますか?」と。必要なものはしっかりと入っているのに、とてもコンパクトにまとまっていました。これなら毎日持ち歩いてもジャマになりませんね!
 さらに原元さんは、泊まりがけのお仕事が入ったときのために、もう少しアイテムをプラスした"宿泊用"を用意しているそうです。本当に意識が高い方なんだなと、実感しました。

第2部:働く女性の防犯対策"決定版"!

第2部:働く女性の防犯対策

 第2部は、防犯についてのお話。今回のアンケート結果から、特に女性の一人暮らしで不安なことで上位に入ったのが、「訪問販売業者や宅配業者などを玄関に入れる」ことと、「空き巣などの窃盗」でした。でも、住宅侵入の手口で多くを占める「窓からの侵入」に対しての対策をしている人はわずか17.1%でした。ぜひ、窓は対策していただきたいですね。

 また、夜道の一人歩きを心配する人も多いという結果が。万が一、ひったくりに遭ったら?というお話をしていると、「コンビニエンスストアなどに置いてある不審者の逃走経路を残すための"カラーボール"を持ち歩けば、いざという時に投げつけられるかもしれませんね!」と原元さん。自分の身も持ち物もしっかり守ろうという精神と、ユニークなひったくり対策のアイディアに感服しました。
 そして、新しいものには興味津々の原元さん。屋外用携帯緊急通報システム「ココセコム」をご紹介すると、「これ、いいですね!」と関心を示していただき、パンフレットまでお持ち帰りいただきました。
 キャスター、アナウンサーとしてさまざまな事件や事故の場面にも遭遇するという原元さん。防犯対策の大切さを、身をもって感じ、人一倍力を入れられているんですね。

 防犯・防災対策は、意識することから始まります。ぜひ、まだ対策していない人も今から意識し、いざという時のために備えておきましょう。

 朝日新聞デジタルさん、ジョブラボさんとのタイアップ企画「自分の身は自分で守る!今、働く女性が備えるべきこととは?」は、3月31日(土)まで公開しています。皆さんもぜひ、読んでみてくださいね。