防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

このウィンドウを閉じる

報道資料 2017年12月20日
セコム株式会社

日本初、オンライン・セキュリティシステムと連動可能
履歴保持機能付き医薬品保管庫「セサモMBX」を発売
スタッフステーションなどで一時保管する医薬品の厳格な管理をサポート

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、小型・軽量の履歴保持機能付き医薬品保管庫「セサモMBX」を12月から販売開始します。

昨今、医療機関における麻薬・向精神薬などの医薬品の紛失や在庫不一致、「麻薬及び向精神薬取締法」違反の疑いなどの問題が頻発し、より一層厳格な管理の徹底と、万一の際のトレーサビリティを確保しておくことが求められています。

このたびセコムは、医療機関のスタッフステーション(ナースステーション)や手術室、救命救急センター(ER)、集中治療室(ICU)など、薬剤部の外で一時的に保管している麻薬の厳格管理を実現する、小型で軽量の履歴保持機能付き医薬品保管庫「セサモMBX」を開発しました。

麻薬を保管する医薬品保管庫は法律により施錠が義務付けられており、さらに厚生労働省は2重に施錠することを推奨しています。「セサモMBX」はシリンダー錠とICカードを使った電気錠による2重の施錠が可能で、安全性と利便性を両立させました。具体的には、ICカードによる解錠の操作履歴の記録ができるほか、セコムのオンライン・セキュリティシステムとの接続による強制的な扉開放の監視、防犯カメラとの連動による映像記録にも対応しています。オンライン・セキュリティシステムと連動した医薬品保管庫は日本初となります。

また、「セサモMBX」は小型で軽量のため、限られたスペースしかないスタッフステーションや手術室などにおいても棚の中に収納して設置することができるほか、壁や棚に固定することも可能です。

医薬品の厳格な管理を実施しあらゆるリスクに備えることで、患者様はもちろんのこと、勤務されている職員の方も安心いただけます。セコムはこれからも医療機関および患者様の「安全・安心・快適・便利」に貢献するサービス・商品の開発を進めていきます。

「セサモMBX」の特長

(1) 小型で軽量、柔軟に設置可能
幅:300mm、高さ:300mm、奥行き:250mm、重さは約9kgと小型で軽量。
固定用の穴も開いているので棚や壁にビス止めもできます。

(2) セキュリティシステムと連動可能
セコムのセキュリティシステムと連動させ、強制的な扉開放があった場合にはセコムに自動で通報することができます。
また、監視カメラと接続し、医薬品保管庫開閉時の映像を効率的に記録に残すことも可能です。

(3) ICカードの操作履歴を記録
扉を解錠した日付と時刻、ICカードのIDなどの履歴を記録しているので、誰が、いつ鍵を開けたのかを把握することができます。

(4) ご利用中のICカードが鍵
広く普及しているICカード規格のTypeA(MIFARE)/FeliCa/TypeBに対応しており、初期設定と個別の利用者登録によりそのまま鍵としてご利用いただけます。

「セサモMBX」の料金体系

販売価格 121,000円(税、オプション別)

「セサモMBX」サイト https://www.secom.co.jp/business/hospital_security.html#anc04

履歴保持機能付き医薬品保管庫「セサモMBX」のイメージ

履歴保持機能付き医薬品保管庫「セサモMBX」

履歴保持機能付き医薬品保管庫「セサモMBX」のイメージ

小型で軽量、A4サイズ対応のキャビネットにも設置可能

履歴保持機能付き医薬品保管庫「セサモMBX」のイメージ

シリンダー錠とICカードで2重施錠。ICカードの操作履歴を記録

問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
セコム株式会社 コーポレート広報部 井踏、竹内 TEL:03-5775-8210

Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.