セコムグループ2030年ビジョン|ビジョンと戦略|セキュリティのセコム株式会社-信頼される安心を、社会へ。-

セコムグループ2030年ビジョン

図:セコムグループ2030年ビジョン

セコムは、外部環境が大きく変化し、不確実性の増す今日において、2030年までの方向性をより明確に示した「セコムグループ2030年ビジョン」を2017年5月に公表しました。

「あんしんプラットフォーム」構想

社会の変化の中で、人口動態の変化、テクノロジーの進化、環境問題の深刻化、さらに経済の重心移動・都市化は、経済や暮らしに大きな影響を与えるメガトレンドです。これらのメガトレンドにより社会の課題はより複雑化・複合化して、「安全・安心」を求める多様なニーズは一段と高まっていくことが見込まれます。

これに対してセコムは、“いつでも・どこでも・誰にとっても・切れ目のない安心”を提供する「あんしんプラットフォーム」構想の実現を目指す「セコムグループ2030年ビジョン」を策定しました。

「あんしんプラットフォーム」とは、これまでセコムが培ってきた社会とのつながりをベースに、セコムと想いを共にする産・官・学などのパートナーが参加して、さまざまな技術や知識を持ち寄り、暮らしや社会に安心を提供する社会インフラのことです。

企業活動や日常生活で、事件や事故など“想定外の事態”が起きると、日常の流れが止まり、生産性が大幅に低下します。加えて、その被害が大きいほど、復旧までの時間を要します。「事件・事故」「サイバー犯罪」「自然災害」「病気・老化」といったリスクに対して、平時は「事前の備え」を怠らず、有事には「事態の把握」と「被害の最小化」に努め、「事後の復旧」を迅速に行えば、安心して生活することができます。

セコムは、これら4つの要素を「セコムあんしんフロー」と定め、あらゆるリスクに対して“切れ目のない安心”を提供できるように、サービスやシステムを進化させています。

図:メガトレンドにより大きく変化していく社会課題
図:セコムあんしんフロー

「あんしんプラットフォーム」構想実現のための戦略

セコムでは、「あんしんプラットフォーム」を構築するために、グループの総力を結集して相乗効果を生み出す“ALL SECOM”戦略や、セコムと想いを共にするパートナーが参画して新たな価値を創出するオープンイノベーション“共想”戦略を推進しています。

さらに、最新の情報技術を活用したビッグデータ分析により、お客様の潜在ニーズを見いだして、つながりを増やしていく“コネクテッド”戦略や、日常のお困りごとに、サービスの付加価値として快適・便利なサービスを提供する“価値拡大”戦略を展開しています。

セコムグループ2030年ビジョン
図:セコムグループ2030年ビジョン 動画
図:「あんしんプラットフォーム」構想の実現に向けた戦略

「セコムグループ ロードマップ2022」の策定

「セコムグループ2030年ビジョン」に向けて邁進する中、セコムは「テクノロジーの進化」と「労働力人口の減少」への対応を、優先して取り組むべき課題として明確化しました。これらの課題は、企業や社会にとって、適切に対処しなければ脅威になり得るものです。

そのような状況において、最新テクノロジーを取り込んだシステム投資、人財から選ばれ続けるための人への投資といった基盤整理のための投資を集中的に行うことが「セコムグループ2030年ビジョン」に向けた成長を加速する上で最良であると判断し、ステークホルダーの皆様とセコムの考えを共有すべく、2018年5月に「セコムグループ ロードマップ2022」を策定しました。

このロードマップは、2030年の“めざす姿”に到達するために、今何をすべきか、何を必要としているかをバックキャスティングの思考で明らかにしたもので、2022年を「セコムグループ2030年ビジョン」実現の一里塚と位置づけています。

  • バックキャスティング・・・未来の目標時点から振り返って、現在するべきことを考える方法

「テクノロジーの進化」に伴う「つながる社会のセキュリティ」需要

「テクノロジーの進化」に伴い、さまざまなものがインターネットにつながり、ドローンやロボットの利用拡大、無人店舗やキャッシュレス決済の増加、スマートホームの普及など、“つながる社会”に向かって世の中が大きく変わりつつあります。たとえ「テクノロジーの進化」により社会が大きく変化しても、「安全・安心」は必要不可欠な要素であり、フィジカルとサイバーが融合した「つながる社会のセキュリティ」需要は、さらに高まると考えています。

「労働力人口の減少」に伴う「誰かに頼みたい」需要

「労働力人口の減少」に伴い、企業では非中核業務を外部に委託するニーズが高まり、また、ご家庭では少子高齢化や共働き家庭の増加などにより、高齢者や子どもの見守りニーズが高まっています。このような「誰かに頼みたい」需要に対して、セコムならではの「安全・安心・快適・便利」なサービスを提供することで、社会の生産性向上に寄与し、社会課題の解決に貢献したいと考えています。

特に、新型コロナウイルスの感染拡大以降、さまざまな分野でデジタル化やICTの活用が進むなど急速な変化が起きています。このような「コロナ禍の社会変革」需要に対して、社会基盤と生活基盤の一端を担い、社会の持続的な成長に貢献していきます。

成長投資とセコムのDX

セコムは、「つながる社会のセキュリティ」や「誰かに頼みたい」需要に応えるために、自己変革(SECOM Transformation)を図る必要性を認識し、システム投資と人への投資に取り組んでいます。

システム投資は、サービス品質と生産性の向上を目的に、社内のDX(Digital Transformation)への投資を推進しています。セキュリティサービス事業の業務システムには独特の事務処理が存在することから、社内の事務の在り方を見直し、部門ごとに独立していたシステムを統合・強化することにより、業務の効率化を促進して包括的なサービス提供を可能にする「事務系ITシステムの刷新」を推進しています。これにより、グループの事業やサービスのスピードアップや事務処理能力の向上など、業務運営の大幅な効率化が期待できます。また、業務の精度向上と効率化に効果があるAI/IoT、RPAに投資し、生産性の向上を図っています。

さらに、「テクノロジーの進化」と「労働力人口の減少」に対応し、最新技術を用いた新たなサービス・商品を開発していきます。また、それらのサービス・商品をご利用いただけるように、既存のご契約先のセキュリティ機器を新技術が利用可能な機能を搭載した製品に置き換える活動に、積極的に資金を投入しています。

人への投資は、特にIT分野やグローバルビジネスなどで必要な専門知識と経験を持つ人財の採用・育成に注力しています。組織面では、働きやすい職場の環境整備や各種研修の充実に投資し、社員の働きがいを高めることにより、自己実現を支援しています。

「セコムグループ ロードマップ2022」の実現に向けて

国内においては投資を生かした新サービス展開や生産性の向上を図ります。海外においては、成長著しいASEAN市場を中心に、さらなるサービス拡大を図るとともに、成長力のある未進出国への積極的な展開を実施していきます。また、2023年3月末までの5年間で、自己資本を活用した総額2,000億円のM&A枠を設けており、国内外のフィジカルセキュリティ、サイバーセキュリティ、BPO・ICT、ヘルスケアの各分野と、優れた技術力を保有するベンチャー企業を投資対象と位置づけています。

さらにコロナ禍を背景にした新たな社会ニーズに積極的に対応するとともに、「セコムグループ ロードマップ2022」の実現に向けて、一歩一歩進めていくことで、企業価値の向上を目指します。

次のページへ

このページの先頭へ

セコムグループ2030年ビジョン。セコムのサステナビリティについて紹介しているページです。セコムは、経済面、環境面、社会面の活動を通じて、「企業と社会が共に持続的に発展することが重要である」という考え方を根底におき、創業以来、事業を通じて社会・環境課題の解決に努めています。