平成29年度特定領域研究助成の募集は受付を終了しました。
平成29年度の採択研究一覧を公開しました。

本研究助成の趣旨

セコム科学技術振興財団では、研究者の自由な発想に基づく独創的なアイディアに期待し、安全安心の確保や災害防止等、国民生活に密着する研究課題を広く募集・助成してきました。

このたび、国民生活の安全安心に寄与する科学技術の発展をより積極的に推進するために、当財団が重点的に助成する領域を指定し、その領域の研究統括を担う領域代表者が示す研究構想に沿う研究課題に助成する新しい研究助成を開始いたします。

平成29年度は、先端医学分野、社会技術分野、ELSI分野の各領域について研究課題を募集します。

領域の概要

【先端医学分野】
領域名多階層医学プラットフォーム構築のための基盤技術開発
領域代表者桜田一洋(ソニーコンピュータサイエンス研究所 シニアリサーチャー)
共同代表者古関明彦(理化学研究所 統合生命医科学研究センター 副センター長)
概要  生命科学・医学では分子レベルでのミクロの原理から疾患形質というマクロの性質を説明するのに統計学的手法を用いてきた。しかし統計処理によって個体の個別性が捨象され、多因子疾患の治療において多数の患者で標準療法が効かないという問題を生じている。統計解析では個別性の捨象に加えてミクロとマクロの関係を線形の近似によって説明してきた。しかし生物は非線形システムであり線形近似は特定の条件でしか成り立たない。その結果論文の結論が再現しないという問題が増加している。
 現在の生命科学・医学の課題を克服するには生物の多様性、非線形性を反映した研究プラットフォームが必要である。本プラットフォームを確立するには実験系ならびに解析法に関する新しい基盤技術が必要である。このような技術を開発するにはこれまで軽視されてきた階層の非分離性に注目した研究を行わなければならない。例えばがんの領域であれば従来の体細胞変異仮説に変わり、組織編成フィールド理論が提唱されている。このようなミクロとマクロの中間の階層のモデル化によって多階層問題を解決できる可能性がある。
 本研究領域では実験動物、細胞モデルなどの解析を組み合わせて組織の階層から疾患をモデル化する研究提案を募集する。組織階層のモデル化においてシステムの非線形性あるいはエピジェネティックスと遺伝的な多様性が組み込まれたものが望まれる。
【社会技術分野】
領域名人間情報・社会情報に基づく安全安心技術の社会実装
領域代表者西田佳史(産業技術総合研究所 人工知能研究センター 首席研究員)
概要  安全・安心を脅かす社会的課題の解決のためには、新たな科学技術の開発のみならず、その科学技術が可能とする新しい課題解決の考え方の普及や、それを受け入れ可能にする社会システムの構築が不可欠である。例えば、近年、普及が目覚ましい衝突回避のための自動ブレーキ技術であれば、基本となる環境認識技術に加え、人と人工知能の協業による衝突回避という新たな考え方の普及、自動運転技術の課題の整理などが行われている。同様の解決が、例えば、市街地の防災情報システム、高齢者や子どもなどの生活機能変化者の見守りシステム、人間のメンタル・フィジカル両面の健康支援システムなどで求められている。しかしながら、我々の生活を変化させる科学技術では、科学技術開発、新たな考え方の普及、社会システムづくりの3つの要素が相互作用しながら社会実装を進める方法論の開発はなされておらず、我々の生活の安全・安心に役立つ可能性のある技術が社会実装に至っていない現状がある。
 本領域では、具体的な安全・安心に関わる課題を設定し、科学技術開発、新たな考え方の普及、社会システムづくりの相互作業に基づく社会実装を進める研究提案を募集する。提案にあたっては、人文・社会学的観点からの課題分析や社会の構造・仕組みの面からの検討、工学的観点からの課題整理と解決に向けた各種工学的要素を統合化手法の開発、技術を現場や社会に広げていくための教育・リスクコミュニケーション手法の開発など多面的な提案が望まれる。また、研究提案にあたり、とってつけたような文理融合的体制は不要であり、多面的な取り組みが実質的に行える体制づくりが望まれる。
【ELSI(Ethical, Legal and Social Issues)分野】
領域名最先端科学技術の社会的・倫理的・法的側面
領域代表者藤垣裕子(東京大学 大学院 総合文化研究科 教授)
概要  近年の最先端科学技術のめざましい発達により、それらが社会に埋め込まれたときに何等かの社会的・倫理的・法的課題が発生する事態が多く発生している。たとえば、急速に発展した生命科学では、CRISPER-CAS9 という技術の普及によって遺伝子操作の精度が上がり、ある病気に特化した遺伝子を操作することによって病気を治すことが可能になりつつある。それにとどまらず、たとえば頭のよい人間、速く走れる人間を作ることも技術的には可能になってきている。そのような最先端技術を社会としてどのようにコントロールするかについては、市民に開かれた議論が必要と言われている。また、最近の機械学習系人工知能の発達は、囲碁や将棋におけるプロとの対戦報告などでメディアをにぎわせているが、人工知能やロボットによって人間の仕事の代替が行われ職が奪われるとする報道や、与えられた目的と枠組みの範囲内とはいえ自ら学習して行動する人工知能が暴走する懸念などが表明されている。学会での倫理指針の策定や国際標準の議論も盛んであり、人工知能をどうコントロールしていくかが話題となっている。あるいは、ドローンなどの無人飛行技術と人工知能を組み込んだ遠隔操作技術を組み合わせれば、火山灰や火山性の有毒ガスが多く人間が簡単には入れない無人島にドローンを飛ばし、島の形や等高線を遠隔にいながら把握することができ、民生用の用途が開ける。しかし同時に、無人飛行技術と遠隔操作技術の組み合わせは、軍事用の無人殺戮兵器の開発の用途にも開けている。
 以上のように、最先端科学技術の社会的・倫理的・法的側面の研究の必要性は高く、かつ多方面にわたっている。本領域では、このような問題意識を共有した上で日本の当該領域を切り開くような意欲的な研究を募集する。

概要

公募期間 平成29年7月1日(土)~平成29年7月31日(月)(必着、締切厳守)
助成金額 先端医学分野および社会技術分野:1件あたり年間2,000万円以内
ELSI分野:1件あたり年間300万円以内
助成期間 3年間を基本とし、2年間も可能とします。
助成対象 現に活発な研究活動を行っており、助成期間中継続的に研究を実施することができる
国内の大学・大学共同利用機関法人・国立研究開発法人に所属する59歳以下の研究者を対象とします。
選考方法 領域代表者・共同代表者及び企画委員会委員による一次選考(書類審査)および二次審査(面接審査)
応募方法 募集要領をよく読み、研究助成申請書(書式E-1)に記入の上、当財団まで送付して下さい。当財団への持ち込みはご遠慮下さい。
ダウンロード 募集要領(平成29年度)
研究助成申請書(書式E-1)(平成29年度)
研究助成申請書(書式E-2)(平成29年度)
注意点 研究期間中は、各領域の領域代表者(共同代表者)が研究統括として当該領域の研究をマネジメント致します。
領域代表者が途中経過の報告を求めるなど、メンタリングを実施することがありますので、申請者はご対応頂くものとします。

問合せ先・申請書送付先

〒150-0001 東京都渋谷区神宮前1-5-1 公益財団法人 セコム科学技術振興財団

TEL: 03-5775-8124