助成研究者情報(秋下雅弘先生)|安全安心な科学技術の振興:セコム科学技術振興財団

秋下 雅弘

アキシタ マサヒロ Akishita Masahiro
所属
東京大学大学院 医学系研究科加齢医学
職名
教授
研究室
ホームページ
http://geriatrics.umin.jp/index.php
助成研究課題名
地域における総合的な在宅医療福祉システムの導入とそれに対応する情報システムの開発
キーワード
老年医学 在宅療養支援
研究成果要旨
JapaneseEnglish
助成期間
平成22年度―平成25年度

1985年東京大学医学部卒業。東京大学医学部老年病学教室助手、ハーバード大学研究員、杏林大学医学部高齢医学助教授を経て、東京大学大学院医学系研究科教授になり、現在に至る。高齢社会総合研究機構副機構長。高齢者の生活習慣病や適切な薬物使用、老化と性ホルモンなどについても研究を行い、日本老年医学会で薬物療法のガイドラインを作成した。著書に『男が40を過ぎてなんとなく不調を感じ始めたら読む本』(メディカル・トリビューン社)、『高齢者のための薬の使い方』(ぱ-そん書房)『薬は5種類まで 中高年の賢い薬の飲み方』(PHP新書)などがある。

インタビュー記事