頑張るシニア応援サイト おとなの安心倶楽部

SECOM 信頼される安心を、社会へ

第33回
知らぬ間に進行し、全身疾患にもつながりかねない「歯周病」

今回はテーマは「歯周病」です。知らぬ間に進行し、全身疾患にもつながりかねないこの病気について、千葉県船橋市の医療法人社団 誠馨会 セコメディック病院 歯科口腔外科の須田 智也生にお話を伺いました。

Q. 歯周病とはどのような病気ですか?

 歯を支えている歯茎や歯槽骨など、歯の周りの歯周組織が壊されていく病気で、「歯肉炎」と「歯周炎」に区別されます。
歯周組織は、炎症反応により壊されていきますが、炎症反応がまだ歯肉だけに留まっている状態を「歯肉炎」、歯槽骨にまでおよび骨吸収が起きている状態を「歯周炎」といいます。歯周病になると歯と歯茎の境目の溝が深くなり"歯周ポケット"を形成します。
歯肉炎では歯茎が腫れることで、歯周炎では骨吸収が進行することで歯周ポケットが深くなっていきます。基本的には、溶けてしまった骨が元に戻ることはありません。
近年は、歯周病が心臓病や糖尿病、肺炎、早産などへも影響していると言われており、口の中の問題だけではなくなってきています。


Q. 歯周病の原因は?

 主な原因は細菌です。歯の表面に細菌が集積して粘着性の歯垢を形成し、歯垢は次第に石灰化して歯石となります。
この歯垢、歯石に存在する細菌に対する炎症反応によって歯周組織が壊されていきます。
通常、歯ブラシで歯垢を取り除けば、炎症反応も消退していきますが、歯周ポケットが形成されてしまうと、歯ブラシの毛先が歯茎の中まで届かないため、細菌は繁殖し続け、歯周組織の破壊が進行します。


Q. 歯周病の症状は?

 歯がグラグラする、噛むと痛いなどが代表的です。歯を支えている歯槽骨が完全に溶けてしまうと歯は抜け落ちます。
歯周病が怖いのは、このような症状に行き着くまでに痛みなどの自覚症状が乏しく、静かに進行していくことです。明らかな自覚症状が出たときは、かなり進行していることが多いです。


Q. 気をつけなければいけない人は?

 歯周病のなりやすさには個人差がありますが、原因はわかっていません。歯周病の状態については、歯科医院で確認してもらうのが正確ですので、次の項目に当てはまる方は、一度受診した方がよいでしょう。
□ 口臭が気になる
□ 歯茎が赤く腫れている
□ 歯茎が痩せてきた
□ 歯ブラシの時に血が出る
□ 歯が浮く、揺れるような感じがする
□ 歯茎から膿が出る
□ 歯と歯の間にものが詰まりやすい


Q. 予防法は?

 ご自身でできることというと、次の3つが挙げられます。


① 歯磨きをていねいに

 多くの人が毎日歯磨きをしていると思いますが、歯垢が落としきれている方はなかなかいません。歯磨きのやり方も歯ブラシを横に大きく動かして2〜3本の歯を一気に磨いている方が多いのではないかと思います。1回の歯磨きの時間も2〜3分程度の方がほとんどで、このやり方だと、磨けているのは歯の表面だけになってしまいます。
実際に歯垢がたまりやすいのは、歯と歯の間や歯と歯茎の境目です。これらの場所に歯ブラシがしっかり当たるように小刻みに往復させ、1本1本時間をかけて磨くことが重要です。デンタルフロスや歯間ブラシといった補助的な器具でお掃除するのも効果的です。


② 禁煙する

 歯周病を進行させるリスクファクターは数多くありますが、もっとも影響が大きいのがタバコです。喫煙者は、歯周病が進行しやすく、また、治療をしても治りにくいといわれています。


③ 定期的に検診を受ける

 まずは歯科医院で歯周病のチェックを受けましょう。進行している場合は、早期に歯周治療を受ける必要があります。歯周病になっていなくても定期的に受診し、日常の歯磨きでは落としきれなかった歯垢、歯石をクリーニングしてもらいましょう。


Q. 最後にアドバイスを

 歯周病は、歯垢、歯石をしっかり落とせていれば予防でき、歯周病になっても早めに治療を受ければ進行を食い止めることができます。ただ状態が悪くなってしまうと、治すことも難しくなります。歯を支えている歯槽骨がなくなってしまうと、もはや治療をすることすらできません。  歯周病は、毎日の歯磨きや喫煙などの影響の積み重ねで徐々に進行していくので、生活習慣病のひとつに位置付けられています。歯磨きのやり方、生活習慣をもう一度見直して、健康な歯と末長く付き合っていけるようにしましょう。

これ以外にも・・・ 実は、気になってる症状ありませんか?

須田智也(すだ ともなり)
医療法人社団 誠馨会 セコメディック病院 歯科口腔外科
【略歴】
須田智也 すだ・ともなり 医療法人社団 誠馨会セコメディック病院 歯科口腔外科 東北大学歯学部卒業後、東京医科歯科大学歯周病学分野に入局。2016年4月より医療法人社団誠馨会セコメディック病院に勤務。

第33回 知らぬ間に進行し、全身疾患にもつながりかねない「歯周病」

長嶋茂雄さん 看板豆知識・伝説・語録
健康に暮らす 健康お悩み相談室
役立つ生活情報ハウス セコム安心マガジン
関連サービスのご案内
関連サービスのご案内
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
  • セコム・ホームセキュリティ
  • セコム・ホームサービス
  • 携帯するセキュリティ ココセコム
セコム安心マガジン
セコム公式 セコムタウン
セコム公式 SECOMjp
セコム公式 SECOMTV