セコムドローン

民間防犯用では世界初

近年になりドローンは様々な分野の産業で利用され、今後もその用途の拡大が期待されています。

セコムは2012年に、民間防犯用として世界初となる自律型の小型飛行監視ロボット「セコムドローン」を発表し、2015年から本格的なサービスを提供しました。

セコムドローン概形
セコムドローン概形

広い敷地を有する施設では、防犯カメラだけでは遠くにいる侵入者の特徴を捉えることが難しいという課題があります。

しかし、敷地内に待機したドローンが、異常発生時に現場に急行し状況を確認することでより安全なサービスを提供することが可能です。

そしてこのセコムドローンには、IS研究所のさまざまな技術が活用されています。


セコムドローンによる緊急対処

セコムドローンによる緊急対処で必要になるのが、レーザーセンサーとの連携です。

お客様の敷地に設置したレーザーセンサーが侵入者を検知すると、セコムの警備員が緊急出動するとともに、侵入者の位置情報をドローンに送信します。

するとドローンは即座に離陸し、侵入した車両や人物のもとへと急行。車両のナンバーや色、車種、人物の顔や身なりなどの特徴を撮影してセコムのコントロールセンターへと送信します。

セコムドローンの緊急対処
セコムドローンの緊急対処

コントロールセンターの管制員は、ドローンからの情報をもとに警備員への指示や警察への情報提供など的確な対応ができます。


自律飛行を可能にする技術

セコムドローンは、お客様の敷地内の3次元マップを持っています。

この3次元マップには自由に飛行できる「飛行可能エリア」と、障害物のため飛行のできない「障害物エリア」が設定され、それを基にドローンは最適な飛行経路を自動的に計算しているのです。

セコムドローンのもつ3Dマップ
セコムドローンのもつ3Dマップ

ドローンは侵入者までの最短経路だけでなく、障害物を検知して回避する経路や、侵入者との距離を一定に保ちながらもその特徴を捉えられる位置に移動する経路なども導き出すことができます。また安全のため敷地外に出ないようにすることも必要です。

このような機能を実現するために、3次元マップのほかにも、各種センサーを融合した自己位置推定や細かな飛行制御にIS研究所の技術が使われています。