島田 陽介

ヘルスケアグループ

—大学時代はどんな研究をしていましたか?

早稲田大学の創造理工学研究科というところでロボット系の研究室に所属していました。

子供のころからドラえもんが好きでロボットを作りたいと思っていたので、学科も研究室もロボットに関わるところを選びました。

当時の研究テーマは解体工事などに使う双腕ロボットの建設機です。2本の腕で人間のように作業できるものを作っていました。


—就職後はどんな研究をしましたか?

大学時代の研究がおもしろかったので、就職するなら研究職だと考えていたとき、セコムの食事支援ロボット「マイスプーン」を知りました。

そのロボットも、大学の研究のロボットもアームロボットだったこともあり、興味がわいてセコムに入社しました。

就職後の研究もロボットをやりたかったのですが、サービス業の研究所なのでサービスに関わる研究もしたいと思うようになったんです。

入社当時は社会問題をどうにかしたいと思っていたので、結果として医療系の研究をすることになりました。

それからずっと医療系の研究をしていて、医療の質の評価軸や病院管理者意思決定支援ツールという研究をしています。


—今はどんな研究をしていますか?

今は大学との共同研究で、医療の質の評価軸や病院管理者意思決定支援ツールの研究をしています。

実際に病院に行って、医師の方にこちらの技術を見せて議論した上でお互いの意見を取り入れてブラッシュアップしていくのが楽しいです。

セコムの提携病院の方と地域医療連携の会合に参加することなどもあります。

医療と関連する分野の勉強などもしていて、統計分析やバイオメトリクス、個人情報の匿名加工技術など様々です。

医療の研究としては、病気がどこで悪化するかなどの予後予測のできる技術などを研究したいと思っています。

今は医療系を専門としていますが、大学時代と専門がまったく異なるので入社した当時は不安でした。

でも勉強できる機会はたくさんありましたし、研究をしながら自然と身についていったので、新しい分野にチャレンジしても大丈夫だと今後入社する人に言いたいですね。


—普段の生活の様子を教えてください。

9時過ぎに出社しますが、仕事に打ち込むことが多いので退社は19時か20時くらいです。そうでないときは18時に帰って友人と夕飯を食べたりしますね。

昼間は自席で医療データの分析や医師の方へのプレゼン資料の作成ですが、週2~3回は共同研究している大学にも通っています。

自主的に医療系の勉強会に参加して、難治の病気の方の話を聞いたりもします。これは仕事のためというより自分のやりたいことのためですね。

他に自由な時間では研究員仲間と趣味のショートフィルムを作ったり、1人でギターやウクレレのスクールに通ったりしています。