前川 恭亮

EM-WAVEインフォマティクスグループ

—大学時代はどんな研究をしていましたか?

学生のときには武蔵工業大学、いまの東京都市大学の生体医工学専攻で、医療や介護に工学を役立たせる研究室に在籍していました。

もともと医療系に興味があったことがその大学を選んだ理由です。

当時の研究テーマは、手術ロボットの機構を改良するなど、いろいろな機能を追加することをしていました。

またインターンシップでIS研究所に来て、医療系のロボットなどが見られて興味を持ちました。研究所の雰囲気や地道に実験を重ねるところなども好感を持ったポイントです。


—就職後はどんな研究をしましたか?

OJTで全てのディビジョンを周り、センシングテクノロジーディビジョンに興味を持ったので志望しました。

そのときから今のグループの前身となるところに所属して、電波を利用したセンシング技術の研究を始めました。

医用工学を研究していたこともあり、電波を利用したバイタルセンシングの研究も提案しています。


—今はどんな研究をしていますか?

今は無線通信機を持った人の位置を特定するという研究をしています。

センシングの大変なところは、望み通りのセンシングデバイスがすぐに手に入るとは限らないというところです。

基板などの設計をして、部品を調達して組んで、動作確認をしてそれから信号処理などの重要なセンシング技術の研究に取り掛かります。

ハードウェアからソフトウェアまで幅広く経験するので、大変さはありますが望み通りの精度が達成できるとすごく嬉しいですね。


—普段の生活の様子を教えてください。

いつも子供を保育園に預けた足で出社するので、朝は少し早めに来ています。

今は主に論文などの技術調査やコーディングをしていますが、実験をするときには一日中していることもあります。

ディビジョンで論文の情報を共有する輪講をするほかに、学会やセミナー、展示会などに外出して情報収集もします。

帰宅後や休日は子供と遊んだり、家事をしたり、家族のために時間を使っています。