IFCモデルサーバー

人間可読性から機械可読性を有するデータへ

セコムでは、警備計画の立案や異常信号受信時の対応等を行う際には、線やシンボルで描かれた図面を人が見て、空間の意味や状況を解釈し、その上で判断を行ってきました。しかし、今後は高度な判断を効率よく大量に行っていくためには、人ではなく機械が空間の意味や状況をデータとして理解し、判断を下せるようにならなくてはなりません。そのためには、機械可読性のある空間のデータが作成されていること、そして機械が機械可読性のあるデータに対し、人手を介することなくアクセスできることが重要となります。ここでいう機械可読性とは、コンピューターによる情報処理のしやすさのことを意味します。データの中にコンピューターが処理できる属性情報(メタデータ)を含めることで、機械可読性が向上します。

現在、機械可読性の高い空間情報として、建築プロセスであるBIM(Building Information Modeling)にて作成される3次元の建物モデルデータが注目されています。

BIMの活用
BIMの活用

BIMで作成されるモデルデータは、壁や柱や設備、部屋空間など個々の建築要素オブジェクトの集合体として表現されます。そのため、コンピューターは素材やメーカー情報、部屋の管理者等を属性情報として扱えます。

しかし、セコムを初めとした様々なサービス事業者がBIMのモデルデータを利用しようとした場合、以下の二つの問題があります。まず一つ目の問題として、サービス提供に必要な部分データだけをBIMのモデルデータから取得することが大変だということです。何故なら、BIMのモデルデータは容量が大きいからです。二つ目の問題として、サービス事業者ごとにBIMのモデルデータのファイルを作成すると、最新バージョンの管理が困難になり、複数データ間で不整合が発生することが挙げられます。

これらの問題を解決するために、BIMにおける3次元の建物モデルデータの標準規格であるIFC(Industry Foundation Classes)に準拠したモデルデータを管理するサーバアプリケーションである、IFCモデルサーバーの研究に取り組んでいます。


3次元建物モデルデータを効率的に管理・活用するIFCモデルサーバー

IFCモデルサーバーとは、IFCのモデルデータをデータベースによって管理し、インターネット上で共有・活用するためのWebアプリケーションです。主な機能として、IFCによって記述された3次元建物モデルデータのストアや更新等の管理機能群、モデルデータから部分データを検索する機能、検索したデータを変換する機能等があります。

利用者は3次元建物モデルデータをIFCモデルサーバーにアップロードします。モデルサーバーは利用者がストアしたモデルデータを利用するためのAPI群を提供します。利用者は目的に合わせてAPIを呼び出し、部分データの抽出や、抽出した部分データの変換を行います。

IFCモデルサーバーは、モデルデータ保有者や、その利用を許可された利用者達に対し、アップロードされた3次元建物モデルデータに対する一元的なアクセスと効率的に利用出来る環境を実現します。

IFCモデルサーバーの活用
IFCモデルサーバーの活用