IFCモデルサーバー

AIが理解できるデータとは

現在、AIやIoT等を活用し産業の効率化・高度化を実現しようとする動きが活発です。センサーなどから取得したデータをAIが解析するために、「そのデータが取得された空間がどのような場所か」という意味を把握しなければなりません。さらに、この解析を自動的に行うためには、空間の意味情報が機械可読性のあるデータとして提供されることが必要です。
そのような意味データを持つ空間情報として、BIM(Building Information Modeling)により作成される3次元建物モデルデータや、そのデータモデルの国際標準であるIFC(Industry Foundation Classes)が注目をされています。

BIMの活用
BIMの活用

BIMで作成される3次元建物モデルデータは、壁や柱や設備、部屋空間など個々の建築要素オブジェクトの集合体として表現され、素材やメーカー情報、部屋の管理者等といった属性情報を扱えます。

しかし現在、我々の様なサービス事業者がIFCの3次元建物モデルデータを利用しようとした場合、データの所有者が誰なのかわからず、データの所在を調査する必要があるという問題があります。また、モデルデータ自体も容量が大きく、処理が大変という問題があります。そのような問題を解決するためにIFCモデルサーバーの研究をしています。


空間情報を効率的に保存・活用するIFCモデルサーバー

IFCモデルサーバとは、IFCの3次元建物モデルデータをデータベースによって管理し、インターネット上で共有・活用するためのWebアプリケーションです。主な機能として、IFCによって記述された3次元建物モデルデータのストアや更新等の管理機能群、検索や検索したデータの変換等があります。

利用者は3次元建物モデルデータをプラットフォームIFCモデルサーバーにアップロードします。モデルサーバーはモデルデータを利用するためのAPIを提供し、目的に合わせてデータの抽出や変換を行います。

IFCモデルサーバーは、モデルデータ保有者や、その利用を許可された利用者達に対し、アップロードされた3次元建物モデルデータに対する一元的なアクセスと効率的に利用するための機能群を提供します。

IFCモデルサーバーの活用
IFCモデルサーバーの活用