所長より

目﨑祐史 所長
IS研究所長 目﨑祐史

セコムは、社会システム産業の構築を目指して7つの事業を国内外で展開し、さまざまなサービスを提供しています。

社会は常に進歩し変化するため、セコムのサービスに完成はありません。社会の変化に先駆けて準備するためには常に革新的に考える必要があり、IS研究所の使命はその原動力であることです。

変化を先取りするためには、社会や人間を深く理解する必要があります。また、よりよいサービスを構想するためには、サービスそのものを研究する必要があります。これらの知見に基づいて生活空間に潜む不安や課題にいち早く気づき、新たな研究テーマとして取り上げていかなければなりません。そのためIS研究所には「ソーシャルアフェアーズ」「サービスエンジニアリング」の2つのディビジョンを設けています。

また、セコムは創業4年後の1966年に日本初のオンラインセキュリティシステム(機械警備)を開発しました。これは、センサーや通信といった技術を導入することにより、人間でなくても良い部分は機械に任せ、サービス提供の中心となる人の力を最大限に発揮させる仕組みです。このサービスを途切れなく確実に提供するために、セコムは高度な技術を開発、蓄積してきました。今後とも、新たな技術を研究開発し、活用していくことがセコムのサービスにとって極めて重要です。

IS研究所では、技術研究部門として「ビジョンインテリジェンス」「センシングテクノロジー」「コミュニケーションプラットフォーム」の3つのディビジョンを設けています。画像認識・人工知能・センシング・サイバー空間でのトラストなどにおいて高度な技術を保有し、新たなサービスを実現するための人による運用の技術まで包含した研究を行っています。そして、実証環境を作ることでセコムグループ内の様々な部門からのフィードバックを得て、日々技術を進化させています。

以上5つのディビジョン体制で、専門分野の異なる研究員が一堂に会して研究していることも特徴です。より良いサービスを創るという理念を共有しながら異なる分野の研究員と議論できる環境により、若い研究員でも自分の研究を多方面から見られるようになります。広い視野で各自の研究を高めていくことができる研究環境を念頭に運営しています。

より「安全・安心・快適・便利」な社会に向けて、セコムの革新的なサービスによりさまざまな社会課題を解決していけるよう、所員一丸となって尽力してまいります。

ソーシャルアフェアーズディビジョン

所属グループ

  • リスクマネジメントグループ
  • 環境エネルギーグループ
  • ヘルスケアグループ

人や社会に安心を提供するためには、社会のことをよく知り、そのあり姿を具体的にイメージしてサービスに仕立てることが必要です。

そこでソーシャルアフェアーズディビジョンでは、社会そのものを研究対象にしています。

私たちが大事にしている想いは、「どのような社会にしたいか」「人々にどのような生活をして頂きたいか」というものです。

この想いを実現するためにデータ収集や解析だけでなく、哲学的考察や理論構築、仕組みの検討までさまざまな人と連携しながら研究を進めています。

サービスエンジニアリングディビジョン

所属グループ

  • オペレーション解析グループ
  • 最適計画グループ
  • シミュレーションテクノロジーグループ
  • 空間エンジニアリンググループ

人や社会に安心を提供するためには「①ヒトやモノの状態を把握」し、「②これから何が起きそうか予測」し、「③把握した状態や予測した状況に基づいて的確な働きかけ」というプロセスを行います。

このプロセスを最も効果的に実現するために、サービスをデザインし最適な計画を策定しなければなりません。そしてこのサービスプロセスとサービスデザインを工学的に扱うことが、サービスエンジニアリングディビジョンの使命です。

サービスプロセスやサービスデザインを工学的に扱うには、サービスに関わる様々な対象やプロセス、つまり人や社会といった非定量的な対象を何らかの形で定量化することも重要な課題です。

ときには「人間とは何か」「社会とは何か」という根本にまでさかのぼって研究を行うこともあり、非常に難しい課題です。しかし、だからこそチャレンジし甲斐のある仕事ともいえます。

センシングテクノロジーディビジョン

所属グループ

  • コンピュテーショナル・イメージンググループ
  • EM-Waveインフォマティクスグループ
  • サウンド・インフォプロセシンググループ
  • マルチセンサ・パーセプショングループ
  • プラグマティック・アルゴリズムグループ

セコムのサービスの提供には対象空間中のヒト、モノ、コトの様々な状態・状況を正確に把握する必要があります。そこで重要になる技術が光や音、熱、電波など多種多様な媒体を用いたセンシングです。

当ディビジョンでは、さまざまなセンサーを用いてデータを取得し、それを高度なイメージングやパターン認識を行うことで状況を把握する技術を研究しています。

また複数のセンサーを組み合わせたマルチセンシングや、ロボットまたはドローンなどの移動体からのセンシングも研究中です。

これらの研究から生まれた新たなセンシング技術を実際のサービスとして実用化するための技術も必要になります。そこでセンシングのアルゴリズムを効果的に組込みシステムへ実装するための技術にも取り組んでいます。

当ディビジョンのセンシング技術によって新たなセキュリティや見守り・ヘルスケア分野のサービスを生み出し、社会をよりよいものにできるよう貢献していきます。

ビジョンインテリジェンスディビジョン

所属グループ

  • ビジョン・プロセッシンググループ
  • ターゲット・ディテクショングループ
  • アクション・レコグニショングループ
  • アトリビュート・アナリシスグループ
  • フュージョン・アーキテクチャグループ

画像は非常に多くの情報を含む信号です。人間は画像を見ればほとんどを理解します。人間を含むあらゆる高等生物が視覚機能を最大限に活用しているのです。

本ディビジョンの目標は画像によるハイレベルな実世界センシングの実現です。

近年、計算環境に大幅な進歩が見られますが、物量だけでは解決し得ない本質的問題が画像には残されています。

いわば決定的原理が不在の中で、社会要求に足る技術をどのように創造していくか、またその方法論はどうあるべきか、その過程で原理の破片を見出せないか。

これらは企業研究者にとって非常に取組み甲斐のある仕事であり、脳生理や認知といった異分野の知見も取り入れながら研究を行っています。

コミュニケーションプラットフォームディビジョン

所属グループ

  • 暗号・認証基盤グループ
  • サイバーセキュリティグループ
  • コミュニケーションネットワークグループ
  • スマートコンピューティンググループ

セコムは、約6000万個のセキュリティセンサーを設置していますが、これらのセンサーの情報を扱うための情報通信プラットフォームが非常に重要な役割を果たしています。

セコムが2030年に向けて掲げるビジョンである「あんしんプラットフォーム」においては、セキュリティセンサーだけではなく、様々なセンサーからの多種多様かつ大量のデータをサイバー空間において扱うことが見込まれます。そして、収集されたデータをビッグデータ技術やAI技術により解析し、人や物に働きかけることで、様々なサービスが実現されることが期待されています。

コミュニケーションプラットフォームディビジョンでは、これらのサービスを技術的に支える情報通信プラットフォームに関する様々な課題解決に向けた研究に取り組んでいます。

研究のビジョンとして、現実世界(フィジカル空間)での安全安心を提供するたけではなく、フィジカル空間とサイバー空間を統合して安全安心を提供することを可能とするプラットフォーム「SECOM Physical Cyber Platform」の構築を目指し、無線通信技術、暗号技術・認証技術、サイバーセキュリティ技術、プライバシー保護技術や分散データベース技術などに関する研究活動や標準化活動に取り組んでいます。