セコム防犯ブログ|泥棒の好きな家、嫌いな家| ホームセキュリティのセコム

まなんで、まもる
セコム防犯・防災入門

泥棒の好きな家、嫌いな家

泥棒は、光や音を嫌います。
入りやすく逃げやすい家は格好の標的です。

被害に遭うのを避けるためには、泥棒の心理を知っておかなくてはなりません。泥棒が恐れるのは、もちろん「捕まること」。侵入に時間がかかる家や、周囲の注意をひきやすい家は、泥棒にとってリスクが高いので敬遠する傾向があります。

■狙われやすい家(一戸建て)

植栽が生い茂り、見通しが悪い
背の高い植栽が生い茂っていると、泥棒の隠れ場所になります。植える位置、量、高さに配慮しましょう。

敷地を囲む塀やフェンスが高い
乗り越えにくいように高くすると、死角が多くなります。低めの塀や格子状のフェンスなど、見通しのよいものを泥棒は嫌がります。

ベランダの囲いの見通しが悪い
人の目線は上に向きにくいので、見通しの悪い囲いは、内側でしゃがめば外から気づかれにくくなり、泥棒の隠れ場所になります。ベランダの囲いは、格子状のものにしましょう。

隣家との間や、家の裏側が死角になっている
死角になりがちな、家の側面や裏側には、センサーライト監視カメラを設置してアピールしましょう。歩くと大きな音がする「防犯砂利」も効果的です。

門灯が使われていない
日中は死角にならない場所でも、夜間は暗がりが見えにくい場所をつくります。門灯を常夜灯として使いましょう。

■狙われやすい家(マンション)

1階、2階、最上階
低層階は侵入が容易です。通行人の視線が働きにくい上層階も、狙われやすい場所のひとつです。また、最上階は、高所得者層が多いことも無関係ではないでしょう。また、屋上からベランダなどに降りる「下がり蜘蛛」という侵入方法もあります。

隣近所の住人の顔を知らない
オートロックは、住人にまぎれて簡単に侵入できるため、過信は禁物です。また、共用部への人の出入りが多いと、鍵を開けようとしているのが隣人なのか泥棒なのか区別できず、犯行を見逃しがちです。

見通しが悪い
玄関付近が外から見えにくい構造や、窓やベランダ側に目隠しがある場合は、犯行が人目につきにくいので注意が必要です。

△泥棒の好きな家、嫌いな家 TOPへ

  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン

カテゴリ