セコム防犯ブログ|住まいの防犯対策-まず何をするべきか?| ホームセキュリティのセコム

まなんで、まもる
セコム防犯・防災入門

住まいの防犯対策-まず何をするべきか?

まずは犯罪の手口や傾向を知る。
そして、防犯診断でウィークポイントをチェック。

対策を打つためには、まず泥棒の手口を知る必要があります。警察庁などが発表する統計からも、犯罪の傾向を読み取ることができます。下記のとおり、意識の持ち方ひとつで今日からできる対策もあるので、できるところから取り組んでいくとよいでしょう。

■今日からできる防犯対策

日ごろの防犯意識で取り組める対策も多くあります。その一部をご紹介します。

  • 自宅の鍵と運転免許証(住所のわかるもの)を、同じカバンに入れて持ち歩かない
    ひったくりなどに遭うと、容易に自宅に侵入されてしまいます。
  • 留守番電話の応答メッセージで、「留守です」と言わない
    →「ただいま手が離せません」など、留守を悟られにくい内容にしましょう。
  • 表札に家族全員の名前を書かない
    →家族構成から、住人の生活パターンを推測されやすくなります。
    →小さな子どもは、名前を呼ばれると油断しやすいので危険です。
  • 長期不在時は、新聞や郵便物の配達を停止する
    →郵便局の窓口で「不在留置(ふざいとめおき)」手続きをし、郵便物も局留めに。
  • 1ドア2ロック」を基本とし、補助錠などを取り付ける

■無料で気軽にチェックできる「わが家の防犯診断」

自宅の防犯レベルを総合的にチェックできるのが、「セコムとチェック! あなたの家の防犯診断」。セコムIS研究所が監修しており、、「防犯環境設計(次ページ参照)の4要素+防犯意識」という5つの視点から、プロの診断、アドバイスを得られます。何から取り組めばいいのかわからないという方は、まず自宅を診断してみましょう。

△住まいの防犯対策-まず何をするべきか? TOPへ

  • あなたの「?」をセコムするキャンペーン

  • お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは?

カテゴリ