セコム防犯ブログ|犯罪の手口-服装、下見| ホームセキュリティのセコム

まなんで、まもる
セコム防犯・防災入門

犯罪の手口-服装、下見

不審に思われないような格好で
あなたの家をこっそり観察しています。

泥棒といえば、唐草模様の風呂敷をかついで、手ぬぐいで頬かむりしているイメージが浮かびます。しかし、そんな目立つ格好をした泥棒は、現実にはいません。近所の人に見られても不審に思われないような服装で、しっかりと下見をしているのです。

■ごく当たり前の服装をしています

泥棒は、隣近所との人間関係が希薄になっていることを逆手に取って、普通の恰好で紛れ込んできます。普段は見かけない人が近所を歩いていたら、あいさつをする習慣をつけましょう。声をかけられるだけで、犯行をあきらめる泥棒は多いのです。

泥棒の服装の例
・ スーツを着て訪問販売員になりすます ほか
・ 工事などの作業者になりすます
・ 普段着で住人になりすます

■泥棒は事前に下見をします

一般的に泥棒は、住んでいる人の一週間の生活パターンを調べて留守になる時間帯や来客数をつかむなど、時間をかけて調べます。

主な下見のポイント
・ 入りやすいか、逃げやすいか       ほか
・ 近隣からの見通しが悪いか
・ 通行人が少ないか
・ 家族構成や生活パターン
・ 窓のクレセント錠は開けやすいタイプか

■留守かどうかをこうして確認します

その家が留守かどうかを確認する方法として、泥棒が最も多く利用するのはインターホンです。インターホンを押して住人が出てくるかどうかを確かめるわけです。居留守を使うと、犯人と鉢合わせてしまうので危険です。近所の公園や広場に潜んで住人の動きを観察したり、電話をかけたり、カーテンや郵便物などの状態を見て判断したりする場合もあります。

△犯罪の手口-服装、下見 TOPへ

  • あなたの「?」をセコムするキャンペーン

  • お子さまのお留守番を安心して見守る秘訣とは?

カテゴリ