セコム防犯ブログ|家の外周の防犯対策| ホームセキュリティのセコム

まなんで、まもる
セコム防犯・防災入門

家の外周の防犯対策

ポイントは、死角をつくらないこと。
泥棒の嫌う「光」や「音」で威嚇する。

■センサーライトは威嚇、便利灯にも

昼間は見通しのよい場所でも、夜、暗くなると光が届かなくなり、見えにくくなる場所があります。玄関前には常夜灯を設置し、勝手口などの家の裏側にはセンサーライトを設置すると効果的です。
ただし、家の周りを単に明るくすればよいいうわけではありません。周囲との明暗差が激しいと、かえって暗いところが見えにくくなるので危険です。

人が近づくと点灯、威嚇

センサーライト
検知エリアに人が入るとライトが作動。不審者の警戒や玄関照明に便利です。

■大きな音がする防犯砂利を敷く

泥棒は、大きな音で周囲に気づかれることを嫌います。そのため、死角になりやすい家の側面や裏側には、「防犯砂利」を敷きましょう。防犯砂利は、人が上を歩くと、通常の砂利よりも大きな音がするので効果的です。

■モニターカメラ付きインターホンを利用する

泥棒は、下見をして留守宅を確認します。その方法として、特に多い手口の一つが「インターホンで呼ぶ」です。住人が応答した場合は、宅配やセールスを装います。こうしたときに効果的なのが、カメラや録画機能の付いたインターホンです。

顔検知機能付き画像監視システム

セキュリフェースインターホン
「顔を隠していないか」をインターホンが判別。
不審な人物を玄関先で厳しくチェックします。

■ダミーカメラに防犯効果はあるか?

監視カメラの主な役割は、常時監視し、記録することです。泥棒に心理的なプレッシャーを与え、犯行を抑止する効果も期待できます。

ところが、ダミーカメラ(外見のみを監視カメラに似せた、偽物カメラ)には、常時監視機能や記録機能はありません。犯行を抑止する効果も、過信は禁物です。プロの泥棒には、ダミーカメラか本物のカメラかを、たやすく見破られてしまうと考えておいた方が無難でしょう。

■敷地内への侵入を即座にキャッチする、センサー+カメラシステム

巧妙化、凶悪化する犯罪手口に対抗するには、泥棒の侵入を少しでも早く検知し、対処する対策が必要です。センサーとカメラを組み合わせたシステムなら、センサーが侵入者を感知すると同時に撮影・記録することができます。

不審者をライトで威嚇し、画像を記録

セコム・ホームカメラシステム
不審者をすばやく感知し、その瞬間を撮影。
自宅に近づく人物を画像で記録します。

セコム・ホームセキュリティご契約先専用

屋外画像監視サービス
監視カメラ赤外線センサーで屋外を監視。
侵入者をすばやく検知し、セコムが対処します。

△家の外周の防犯対策 TOPへ

  • マンスリー安全啓発クイズキャンペーン

カテゴリ