セコム防犯ブログ|車の防犯対策| ホームセキュリティのセコム

まなんで、まもる
セコム防犯・防災入門

車の防犯対策

約20.4分に1台のペースで発生している車両盗難
高級車に限らず狙われます。

■いまだに油断できない被害件数

車両盗難の被害は、1999年ごろから増加していましたが、2003年をピークに、近年は減少傾向にあります。しかし、今でも約20.4分に1台が盗まれている計算になり(2009年)、油断はできません。

また、警察庁の調べによると、全体の27.3%が「キーあり盗難」となっています。「ちょっとだけだから・・・」と、エンジンをかけたまま車を離れるその隙を、狙われているケースが多いと考えられます。

■被害に遭いやすい車の種類

車両本体盗難の実態

統計上、最も狙われているのはミニバンで、全体の約25%を占めています(2009年度)。

また、イモビライザー(*)の搭載が進んでいる高級車は盗みにくくなっているため、今後は、イモビライザーの搭載がない大衆車が狙われる可能性もあります。
*イモビライザーは、電子的なキーの照合により、不正なキーではエンジンを始動できなくする車両盗難システムです。

■運転中の車を狙う「ごっつん盗」「パタパタ盗」とは?

さまざまな対策グッズが普及する一方、車両盗難の手口は凶悪化、巧妙化しています。最近では、運転中の車を簡単に奪う次のような手口もあるので、警戒が必要です。

□運転中の車を狙う手口

<ごっつん盗>

狙った車に、わざと車で軽く衝突する。車から降りてきた運転者と犯人の一人が話している隙に、もう一人が車を奪う手口。

<パタパタ盗>

狙った車のタイヤなどに異物を張り付け、付近で様子を伺う。運転者が車を発進させた後、不自然な音に気づいて車を降りた隙に、車を奪う手口。

■その他の手口

  • ・窓の隙間から針金を挿入し、解錠して車に侵入する
  • ・ドアハンドルや鍵を工具などでこじり開け、車に侵入する
  • ・窓ガラスをハンマーなどで割って、車に侵入する
  • ・レッカーやクレーンで車を持ち去る

△車の防犯対策 TOPへ