セコム防犯ブログ|非常用品| ホームセキュリティのセコム

まなんで、まもる
セコム防犯・防災入門

非常用品

必要なものは、
ひとつにまとめておくことが大切です。

■被災後の部屋から、あれこれ持ち出すのは困難

大地震の後は、部屋は元の状態と大きくかけ離れているかもしれません。いざというときに、必要なものをすぐに持ち出せるよう、非常持ち出し袋にまとめておきましょう。

なお、非常用品は、家族構成によって必要なものに違いがあります。家庭の事情に応じて優先順位を考え、用意しておきましょう。

■用意しておきたい非常用品

1.枕元に常備しておくもの

  • ・懐中電灯
  • ・携帯ラジオ、予備の電池
  • ・底の丈夫な靴(ガラスの破片などでけがをしないため)
  • ヘルメット
  • ・防煙マスク
  • ・呼び笛(助けを呼ぶため)
  • ・軍手
  • 非常用品袋(下記「避難時に持ち出すもの」参照)

2.消火用に備えておくもの

  • 消火器
  • ・風呂の水のくみ置き
  • ・バケツ
  • ・ポリタンクに水のくみ置き

3.避難時に持ち出すもの

押し入れなどにしまっておくのではなく、すぐに持ち出せるよう玄関などに置いておきましょう。食料や飲み水は、救援物資が届くまでの3日分を用意します。非常用品を持ち出すときは、道路状況がよければキャリーカートなどを使うと楽に運べます。

  • ・貴重品
  • ・携帯ラジオ、懐中電灯、予備の電池
  • ・マッチ
  • ・マルチはさみ
  • ・軍手
  • ・折りたたみポリタンク
  • ・飲み水(1人につき1日最低2リットルを目安に、3日分用意)
  • ・非常食(レトルト食品など日常食に近いものがよい。3日分用意)
  • ・粉ミルク(乳児がいる場合)
  • ・湯沸かし用携帯コンロ
  • ・キャンプ用食器セット、缶切り、栓抜き
  • ・救急箱(最小限)、常備薬(必要な処方箋も)
  • ・洗面具、日用品
  • ・レジャーシート
  • ・ウエットティッシュ、タオル
  • ・肌着
  • ・筆記具、ノート
  • ・雨具(カッパ)
  • ・携帯トイレ

4.日頃、身につけておくもの

  • ・防災カード
  • ・健康保険証のコピー
  • ・カルテに近い個人医療データ(緊急医療に必要です)
  • ・携帯ラジオ
  • ・当座の現金
  • ・自宅の合鍵
  • ・小型の懐中電灯

△非常用品 TOPへ