防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

このウィンドウを閉じる

報道資料 2018年7月18日
セコム株式会社

「平成30年7月豪雨」被災地への義援金支援とAED提供について

この度の西日本を中心とした「平成30年7月豪雨」により被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、この度の被災地に対して、下記の通り義援金、支援物資を提供いたします。

■義援金について

(提供先) 岡山県、広島県、愛媛県をはじめとする被災を受けた地域
(提供元) セコム株式会社
(金額) 岡山県、広島県、愛媛県 各300万円
他被災を受けた地域全域 日本赤十字社を通じて 100万円
合計1,000万円

■支援物資について

社会貢献活動として広域災害発生時の被災地支援を行う「セコム災害支援プロジェクト」では、災害派遣医療チーム(DMAT)を通じて、避難所の救急時の備えとしてAED(自動体外式除細動器)60台を提供いたします。

今後も、行政や災害ボランティア団体などと連携しながら、被災者の方の救急対応・健康管理、被災地域の見守りなど、「安全・安心」の提供にお役に立てるようさまざまな被災地支援を展開してまいります。

問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
セコム株式会社 コーポレート広報部 井踏、金平 TEL:03-5775-8210

Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.