防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

このウィンドウを閉じる

報道資料 2018年3月14日
医療法人社団つくし会
セコム株式会社
株式会社荒井商店

国立市初となる「医療・福祉系複合建物」を開設
看護小規模多機能型居宅介護事業所とサービス付き高齢者向け住宅が併設
連携し地域の皆様にも医療・介護・生活支援サービスを提供

国立市を中心に在宅医療・介護事業を展開する医療法人社団つくし会(所在地:東京都国立市、理事長:新田國夫 以下、つくし会)とセコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)のグループ会社で不動産事業を展開する株式会社荒井商店(本社:東京都渋谷区、社長:関谷 聡)は、看護小規模多機能型居宅介護事業所(※)とサービス付き高齢者向け住宅が併設した国立市初となる「医療・福祉系複合建物」を4月に開設します。

「医療・福祉系複合建物」のイメージ

「医療・福祉系複合建物」
(1階「看護小規模多機能オリーブ」、2~4階「リーフエスコート国立富士見台」)

つくし会は、1991年より27年間、地域住民の在宅生活を支えるために尽力してきました。同建物に看護小規模多機能型居宅介護事業所「看護小規模多機能オリーブ」を開設し、地域の皆様の医療・介護・生活に関するお困りごとに対応していきます。

同じく、同建物には荒井商店のサービス付き高齢者向け住宅として4箇所目となる「リーフエスコート国立富士見台」を開設します。

超高齢社会となった今、高齢者が住み慣れた地域で自分らしい暮らしを続けられるよう地域が一体となり支援する「地域共生社会」の実現が求められています。つくし会は国立市初の看護小規模多機能型居宅介護事業所を開設することで、より一層地域の皆様が医療・介護・生活支援面で自分らしい暮らしが継続できるよう支援いたします。

一方、高齢者が住み慣れた地域で暮らし続けることを目指す「地域包括ケアシステム」では、「拠点型サービス付高齢者向け住宅」が必要とされています。「リーフエスコート国立富士見台」は、セコムグループがこれまで培ってきたセキュリティと防災、高齢者医療・介護のノウハウを融合した、きめ細やかで切れ目のない安心を提供することによりその実現に貢献したいと考えています。

今後、つくし会と荒井商店はさらに連携を深め、同建物のみならず、国立市全体で「地域包括ケアシステム」の構築を推進していきます。

※看護小規模多機能型居宅介護事業所:通所介護を中心に利用しながら、必要に応じてショートステイや訪問看護、介護を受けることができるサービス施設。

「医療・福祉系複合建物」の概要

国立市初となる「看護小規模多機能型居宅介護事業所」および「サービス付き高齢者向け住宅」が一体となった新しい医療・福祉系複合建物です。

  1. 看護小規模多機能型居宅介護事業所「看護小規模多機能オリーブ」(1階)
    「通い(デイサービス)・泊まり(ショートステイ)・訪問サービス」を柔軟に組み合わせて利用できます。通いたい時に通える、泊まりたい時には泊まれるなどご利用者のニーズに細かく対応します。
    「訪問サービス」は「介護」「看護」を状態に合わせて柔軟に提供。さらに「つくし会訪問看護ステーション」「つくし会居宅介護支援事業所」も併設しています。
  2. サービス付き高齢者向け住宅「リーフエスコート国立富士見台」(2~4階)
    60歳以上の自立生活が可能な方、および要介護認定を受けている方を対象とした住宅です(間取8タイプ、全46戸<25.68m²~56.76m²>)。
    介護資格をもった管理スタッフが24時間常駐し、ご入居者の生活をサポートします。合わせてセコムグループの各種見守りサービスでご入居者へ「安全・安心」を提供。1階には食堂を併設し、ご希望の方はお食事ができます。
  3. セコムグループのノウハウを活用し、きめ細やかで切れ目のない安心を実現
    この建物では、セコムグループがセキュリティ事業・メディカル事業で培ってきたノウハウを活かした以下のシステム・サービスを標準導入し、24時間365日、ご入居者のみならず地域を見守ることで「安全・安心」の地域拠点を実現します。

(1) ご入居者を複数の方法で見守り
・管理スタッフによる安否確認
24時間管理スタッフが常駐し、食事・個別定時訪問など自然な形で確認します。
・高齢者救急対応サービス「セコム・マイドクタープラス」
毎朝10時までにご入居者が送信する専用端末からのメールにより、管理スタッフが安否をチェックします。
・ライフリズムセンサー
12時間在室状態で、動きがないときに、管理室とセコムへ通報を行います。
・救急通報システム「マイドクター」
ペンダント型の専用端末を握ると救急信号を送信。管理スタッフが居室へ駆けつけ状況を確認。必要に応じて救急車の手配などを行います。

(2) 生活支援サービス「セコム・ホームサービス」(※有料)
ご希望の方にはオプションサービスとしてセコムグループによる家事代行サービスを提供します。

(3) 「看護小規模多機能オリーブ」ご利用者の自宅での見守り
「オリーブ」ご利用者のうち、ご希望の方はオプションサービスとして「セコム・マイドクタープラス」をお使いいただけ、「オリーブ」を利用していない日の安否のメール確認、および万一の際の救急通報が可能になります。

(4) 近隣の方々の暮らしを見守る、支える
・近隣(500メートル圏内)にお住まいの方向けの会員制度(※有料)
会員の方は「リーフエスコート国立富士見台」のご入居者同様「セコム・マイドクタープラス」による安否のメールが毎朝10時までに来ないときは、電話で確認を行い、救急の場合はセコムが対応します。
また、「リーフエスコート国立富士見台」で開催する入居者向けのイベントや、アクティビティなどにもご参加いただけます。
(「セコム・マイドクタープラス」のメール機能でお伝えします。)

(5) 近隣の就労移行支援事業所の方に働く場を提供
谷保駅にある、社会福祉法人・多摩棕櫚亭協会(たましゅろっていきょうかい)の就労移行支援事業所のメンバー(障碍者)に、本施設の清掃業務の一部を活動の場として提供します。

「リーフエスコート」(サービス付き高齢者向け住宅)について

「リーフエスコート」はセコムグループの(株)荒井商店が運営するサービス付き高齢者向け住宅です。荒井商店は不動産事業で50年の実績があるだけでなく、鶴巻温泉病院など高齢者医療・介護で全国有数の実績を誇る医療法人社団・三喜会や介護付き有料老人ホーム「アライブケアホーム」を運営する(株)アライブメディケアをグループとして持つなど住宅・介護・医療、それぞれの強みを生かした連携で皆様により安心していただける環境づくりを目指しています。

「リーフエスコート」は主に自立または要支援程度の方を対象にした高齢者住宅として運営しています。「自宅にはない魅力と施設にはない自由のある生活。いざというときに頼れる安全・安心な暮らし。」をモットーに、これまで東京・神奈川エリアに3施設を展開しています。

施設概要

事業主体 「看護小規模多機能オリーブ」:医療法人社団つくし会
「訪問看護ステーション」:医療法人社団つくし会
「居宅介護支援事業所」:医療法人社団つくし会
「リーフエスコート国立富士見台」:(株)荒井商店
所在地 東京都国立市富士見台4丁目10−1(住居表示)
JR南武線「矢川」駅 徒歩1分
敷地面積 1,092.80m²
建築延床面積 2,463.47m²
建物概要 鉄筋コンクリート造 地上4階建
開設 2018年4月
看護小規模多機能型居宅介護事業所
(看護小規模多機能オリーブ)
登録定員:29人
通い利用定員:18人/日
泊まり利用定員:9人/日
サービス付き高齢者向け住宅
(リーフエスコート国立富士見台)
居室数:46室
居室面積:25.68m²~56.76m² 全8タイプ
全室個室、キッチン・トイレ・浴室・洗面台・クローゼット・エアコン・床暖房・浴室乾燥機・緊急通報サービス等

問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
セコム株式会社 コーポレート広報部 井踏、竹内 TEL:03-5775-8210

Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.