防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

このウィンドウを閉じる

報道資料 2017年11月8日
セコム株式会社

「安全・安心・快適・便利」な施設運営支援サービスの
実証実験を羽田空港国際線旅客ターミナルで開始
オープンイノベーションによりNECのAI技術を活用

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:中山泰男)は、施設内のカメラやセンサーからのデータを、AIで解析する情報解析基盤を活用することで、「安全・安心・快適・便利」な施設運営を実現するサービスの実証実験を、羽田空港国際線旅客ターミナル内で2017年11月から開始予定です。本実証実験は、日本電気株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 執行役員社長 兼CEO:新野 隆、以下、NEC)のAI技術を活用して、セコムとNECとのオープンイノベーションにより行います。

世の中における「安全・安心」に対するニーズが高まる中、商業施設や公共空間においても来場者一人ひとりの「安全・安心」の確保が求められています。さらに、増加を続けるインバウンド需要への対応など高度化・多様化する施設運営者・来場者それぞれのニーズに応える最適な施設運営を構築し、維持していく必要があります。

本実証実験では、セコムの「安全・安心」に関わる画像処理技術やサービス・システムとNECの最先端AI技術群を活用した基盤を通じて、店舗などに設置されているカメラやセンサーから得られた情報を解析し、施設運営に貢献できるサービスの有効性検証を行います。

本実証実験で有効性を検証するサービス機能群は、来場者の状況に応じた店舗運営や接客の支援情報を提供する「店舗あんしん運営サービス」、店舗スタッフや来場者の動線から運営施策情報を提供する「店舗さいてき運営サービス」、混雑状況に応じた接客の支援情報を提供する「店舗こうりつ運営サービス」です。

セコムは、一人ひとりのお客様に寄り添いながら、施設運営者と来場者とをつなぐ、「安全・安心・快適・便利」なサービスの実現を目指し、本実証実験に取り組んでまいります。

実証実験の概要について

今回の実証実験で検証するそれぞれのサービス機能の概要は以下のとおりです。

1.店舗あんしん運営サービス

来場者の状況に応じた店舗運営や接客の支援情報を提供します。売り場面積が広く、複数の店舗スタッフで接客や会計など対応している店舗を対象に、店舗内に設置されたカメラから来場者の動きを把握し、AIで来場者の状況を解析します。この解析結果を基に、スタッフの支援を必要とする来場者に、適切な接客やご案内が可能となります。

あんしん運営のイメージ

2.店舗さいてき運営サービス

店舗スタッフや来場者の動線から販売施策情報を提供します。売り場面積が広い店舗、または複合商業施設での店舗スタッフや来場者の店舗内の動線を、AIで可視化します。これにより、店舗運営施策のヒントにつながる最適なスタッフ配置や店舗内レイアウト情報などを提案し、販売施策の効果測定を行うことが可能となります。

さいてき運営のイメージ

3.店舗こうりつ運営サービス

店舗内の混雑状況に応じた接客の支援情報を提供します。複合商業施設において、来場者の群衆データを基にAIで施設の混雑状況を可視化します。これにより、店舗スタッフが来場者を適切に案内することが可能となり、店舗運営の効率化や販売機会損失の低減につなげます。

こうりつ運営のイメージ

問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
セコム株式会社 コーポレート広報部 井踏、竹内 TEL:03-5775-8210

Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.