防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

このウィンドウを閉じる

報道資料 2017年10月26日
セコム株式会社

東京ガスと共同で高齢者を見守る新サービスの提供を開始
生活リズムの見守りから健康相談・救急時の駆けつけまで幅広く対応

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、東京ガス株式会社(本社:東京都港区、社長:広瀬道明)と共同で、従来のご高齢者の見守りに加え、健康相談や救急時の駆けつけまで幅広く対応するくらし見守りサービスオプション「救急サポート」を10月27日から提供開始します。

東京ガスでは、今年4月からガスメーターと通信装置を使用し、ガスの消し忘れの確認や遠隔遮断依頼、ガス使用状況を離れて暮らすご家族にお知らせすることで生活リズムの把握などができる「くらし見守りサービス」を提供しています。

今回の新サービスは、この「くらし見守りサービス」にセコムの高齢者向け救急時対応サービス「セコム・マイドクタープラス」をオプションとして提供するものです。これにより、東京ガスによる日々の見守りから、セコムの看護師による電話での健康相談、緊急対処員による救急時の駆けつけ対応まで幅広いサービスがご利用いただけるようになりました。

セコムはこれまで「セコム・マイドクタープラス」を「セコム・ホームセキュリティ」のオプションサービスとして提供してきましたが、本サービスであれば「セコム・マイドクタープラス」の機能を単独でご利用いただくことが可能です。

東京ガスが提供する「くらし見守りサービス」はすでに約6万件(2017年9月末現在)の契約実績があり、そのご利用者に「セコム・マイドクタープラス」のサービスをお使いいただくことで、より多くの方に安心を提供していきたいと考えています。

「超高齢社会」を迎え、独居や高齢者のみの世帯が増加する中、お客様の暮らしを豊かにする新たな価値を創出しつづける東京ガスと「安全・安心・快適・便利」を提供するセコムが共同でサービスを提供することで、健康に関するお悩みなど日常生活で高齢者が抱える不安を解消し、高齢者のより住みよい暮らしの実現を目指してまいります。

くらし見守りサービスオプション「救急サポート」の概要

「くらし見守りサービス」にご加入中・新規加入のお客様を対象にしたオプションサービスで、ご契約いただくことで「セコム・マイドクタープラス」のさまざまなサービスをご利用いただけます。

※くらし見守りサービスオプション「救急サポート」のご利用には、セコムとの契約が必要になります。

提供サービス

① 携帯電話としても利用可能な専用端末をお貸出しします。端末の救急ブザー用ストラップを引くとセコムへ救急通報ができます。セコムでは専用端末にお電話の上、必要に応じて119番通報やセコムの駆けつけを行います。

② 救急時以外も、専用端末からセコムの看護師に24時間365日いつでも健康の悩みを相談できます。

③ かかりつけ医などの救急情報をセコムがお預かりし、119番通報時、救急隊員などの求めに応じて情報を提供します。

料金

別途、基本契約である東京ガスの「くらし見守りサービス」の料金が、500円(税込)/月かかります。
上記料金のほか、現場急行料金、位置情報提供料金、通話料金が別途発生します。
料金の詳細は、下記のホームページをご確認ください。
くらし見守りサービスオプション「救急サポート」ホームページ:
http://home.tokyo-gas.co.jp/service/mimamori/emg_support.html

サービス提供エリア

1都6県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県)

<参考>「くらし見守りサービス」の提供サービス

① 消し忘れ確認・遠隔遮断サービス
外出先でガスの消し忘れが気になった時、Webまたはお電話一本でお客様にかわって東京ガスがガスを遮断します。帰宅後お電話をいただければ、ガスメーターの遠隔復帰を行います。

② 自動通報サービス
ガスが長時間使われているなどいつもとは違う使い方を感知したら、東京ガスからお客様に電話でお知らせします。

③ 前日ガス未使用のお知らせサービス
お客様のガス使用状況を、事前にご登録いただいたご家族にメールで定期的にお知らせ。離れてくらす家族に毎日の元気を伝えられます。
また、0時から24時の間、ガスのご使用が1度もなかった場合は、翌日、ご家族に「未使用メール」でお知らせします。

問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
セコム株式会社 コーポレート広報部 井踏、金平 TEL:03-5775-8210

Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.