防犯対策やセキュリティならセコム株式会社

このウィンドウを閉じる

報道資料 2017年5月24日
セコム株式会社

セコムとKDDIが次世代移動通信システム「5G」を利用した
セキュリティシステムの実証実験を実施
高精細な4K映像およびウェアラブルカメラの映像伝送に成功

セコム株式会社(本社:東京都渋谷区、社長:中山泰男)は、KDDI株式会社(本社:東京都千代田区、社長:田中孝司)と共同で、次世代移動通信システム「5G」(以下 5G)を利用したセキュリティシステムの映像伝送に関する実証実験を実施しました。

セコムとKDDIは、高速・大容量、低遅延、多接続が可能となる5Gを活用した高度なセキュリティシステムの実現に向け、共同で実証実験を行っています。

今回の実証実験は、大規模イベントや国際会議などで活用される「仮設監視カメラ」「ウェアラブルカメラ」の映像伝送において、5Gを利用することでより高精細な画像を送れるようにし、警備本部などでこれまで以上に詳細な状況確認を可能にすることを目指したものです。

実証実験は、KDDI新宿ビル周辺に構築した28GHz帯の実験システムを用いて行い、移動中の5G車両端末から、高精細な4K映像およびウェアラブルカメラの監視映像を、同一の5G基地局を介してマルチユーザMIMO(※)により同時にアップリンク伝送することに成功しました。

このたびの実証実験の様子は、2017年5月24日(水)〜26日(金)に東京ビックサイトで開催される「Wireless Technology Park」のKDDIブースの中でご紹介しています。

セコムとKDDIの両社は今後も、より「安全・安心」な社会の実現に向けて、5Gの特長を活かした新たなサービスの創出を推進していきます。

(※) 基地局の複数アンテナを活用して、ユーザーが同時に高速・大容量のデータの送受信を行えるようにする技術。

実証実験概要

ウェアラブルカメラや車載カメラから撮影した映像を、5Gの高速・大容量ネットワークでリアルタイムに伝送

実証実験概要のイメージ

走行撮影実験用車両のイメージ

走行撮影実験用車両

ウェアラブルカメラ実験のイメージ

ウェアラブルカメラ実験

撮影映像の確認のイメージ

撮影映像の確認

問い合わせ先

本件に関するお問い合わせは、下記までお願いいたします。
セコム株式会社 コーポレート広報部 井踏、金平 TEL:03-5775-8210

Copyright(C) SECOM CO.,LTD All Rights Reserved.